STAUB(ストウブ)でも大丈夫⁈ ガスコンロの自動炊飯機能を使ってご飯を炊いてみた

投稿日:2017年1月11日 更新日:

ヨコヤム
土鍋はもちろん「STAUB(ストウブ)」や「ルクルーゼ」などの鋳物鍋で炊くご飯が美味しいのは、もはや常識⁉︎ 手間要らず&火加減要らずで炊く方法といえば「自動炊飯機能」ですが、ストウブでも果たして美味く炊けるのか? 実験してみました。

鋳物ホーロー鍋と言えばどれ?

ル・クルーゼまたはストウブ。それともバーミキュラ!?

カラバリ豊富でフォトジェニックな「ル・クルーゼ」も人気ですが、無水料理には向かないという理由で「ストウブ」or「バーミキュラ」で迷い……最終的に「ストウブ」をチョイスした我が家。

ル・クルーゼはストックポットをよく使ってますが、ホーロー製だと言うのに軽いので、これはこれで使いやすいです!

ストウブのサイズはピコ・ココットラウンド24cm

我が家は夫婦ふたり暮らしのため、ストウブは20cm(もしくは22cm)でも良いと思いましたが、選んだのはピコ・ココットラウンドの24cm。「大は小を兼ねる」ので(笑)カレーを多めに作ったり、ご飯を3合以上炊きたい場合は24cmがおすすめです。それなりの重さはありますが、決して大き過ぎることはないと思います。

カラーはツヤなしのマットブラック

スタンダードカラーの4色(ブラック/グラファイトグレー/チェリー/マスタード)と、マジョリカカラーの3色(グレナディンレッド/グランブルー/バジルグリーン)を合わせて、計7色あるストウブ。

色によって印象がガラリと変わるため、あれこれ目移りしてしまいますが、選んだのは定番のブラック!

ガスコンロの自動炊飯機能(ご飯タイマー)を使っていざ炊飯

ストウブのピコ・ココット ラウンド24cmブラック

ストウブで炊く御飯が美味しいのは想像に難くないですが、何が面倒ってその火加減……!慣れればな平気な気もしますが、便利機能を使わない手はないので、ガスコンロの「ご飯タイマー」を使って炊いてみることに。

クリナップラクエラのガスコンロ

ご飯タイマーは、賃貸時代のガスコンロには無かった機能。それゆえに、フルリノベーション後の新居では「早く使ってみたい」とウズウズ(笑)。ちなみに、我が家のシステムキッチンはクリナップのラクエラです。

ラクエラのシンク
我が家は壁付け!クリナップ・ラクエラで見せるオープンキッチンに

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち。キッチンは「壁付け」にし、クリナップの「ラクエラ」を採用しています。今回は、マンションリノベーションに多い(と思われる)ラクエラの、メリットデメリットをまとめます。

続きを見る

1. 水の量は炊飯器の内釜を目安に

炊飯器の内釜で水の量を確認

水の量は炊飯器の内釜で確認します。自分で量る必要もなく、目盛に合わせるだけなので楽チンです。柔らかめ or 固めをお好みの場合は、要調整。

2. あとは火にかけて待つのみ

ラクエラのガスコンロにあるご飯モード

火にかけたあとは何もせず、ただひたすら待つのみ。蓋が外れることもありませんでした。

火が消えたら10分蒸らして出来上がり!炊飯にかかった時間は、トータルで30分程度でした(お米を水に浸す時間は含めていません)。

ストウブで炊いたご飯は想像以上に美味しい

ストウブで炊いたご飯

我が家は白米と玄米をミックスして食べています

ストウブで炊いたご飯は、一粒一粒が立っており、口当たりが良かったです。好みの違いかもしれませんが、適度な弾力とモチモチ感!ほんのりと色付くお焦げがまた美味しく、そのわりに鍋底は焦げていない点も優秀です。

また、我が家は普段、玄米と白米をミックスして食べますが、玄米のみで食べることも多々あります。大半の人が嫌がる「玄米」ですが、「発芽」させれば大丈夫!と思っているわたし(笑)

しっかり水を含ませるため、食べるときにはもっちりとした食感に変わり、食べにくさは軽減されます。でもってストウブなら、炊飯器よりもはるかに美味しく、玄米を食べられそう……!

玄米はデメリットなの? 発芽と白米ミックスで挑む玄米生活のすすめ
玄米はデメリットなの? 発芽と白米ミックスで挑む玄米生活のすすめ

白米よりも玄米が好きという方は少ないですよね(笑)玄米生活5年目の我が家も玄米だけで食べることは滅多にありません。また、デメリットを気にされる方も多いようですが、実際はメリットのほうが大きいような気がします。

続きを見る

ストウブのメンテナンスについて

ストウブは、洗剤OK 食洗機もOKです(わたしは手洗い派)。鋳物なので重いのが難点ですが、仕方ありません(笑)。

また、保管の際は鍋や蓋の淵が錆びないようにするためにも、2〜3回に1回のペースでシーズニングをおすすめします。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-食のこと

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.