【壁付けキッチンのレイアウト】LDKを広く使うための収納と間取り

更新日:

ヨコヤム
対面式キッチンが主流の昨今ですが、リノベーションの際、我が家は「壁付けキッチン」を選択しました。
この記事では、LDKを含めたレイアウトや工夫点、壁付けキッチンのメリットデメリットについてまとめます。
ヨコヤム

壁付けキッチンとは

背面キッチンとも呼ばれる「壁付けキッチン」は、文字通り正面が壁に付いているタイプのキッチンのこと。

正面がリビングを向く「対面式キッチン」よりも、空間を有効活用しやすいことから、LDKを広く使いたい人や、壁に向かって作業するほうが良いという人が壁付けキッチンを選んでいます。

壁付けキッチンのメリットデメリット

実際に壁付けキッチンを採用した我が家が感じるメリットデメリットは以下です。

ポイント

  • リビングを最大限に広く使うことができる
  • 料理に集中できる
  • ダイニングテーブルを作業台として使える
  • 間仕切などで目隠ししない場合はキッチンが丸見えになる
  • 吊戸棚を付けられるメリットはあるものの圧迫感が出てしまう

対面式キッチンのメリットデメリット

賃貸住まいの頃は対面式キッチンだった我が家。

当時感じていたメリットデメリットは、主に下記の5つです。

ポイント

  • リビングの様子が分かるため家族とコミュニケーションが取りやすい
  • 配膳しやすい
  • 料理中の匂いがリビングに広がりやすい(換気扇の下で喫煙する場合は特に)
  • シンクの背面は収納が丸見えになる
  • フルオープン型の対面式キッチンの場合は油がはねてしまったり汚れが目立ちやすい

リノベーションで壁付けキッチンを選んだ理由

キッチンで大活躍のスリムトローリー

リノベーション当初は、対面式も検討しましたが、最終的には壁付けを選んだわたしたち。

壁付けキッチンを選んだ理由は……

壁付けキッチンにした理由

  • リビングを広く使いたい
  • リビングへ入った瞬間シンクが見えるのは嫌(LDKのレイアウト上)
  • 収納はなるべく見えないようにしたい
  • 匂いの広がりを最小限にしたい
  • シンクからの水はねを避けたい

キッチンの間口も縮小しリビングに最大限の広さを確保

我が家の壁付けキッチンは、間口が2250mmです。

家族が多い家庭や収納スペースを確保したい人には狭いですが、コックピットのように動けるため(笑)わたしには丁度良い広さに感じます。

壁付けキッチンのレイアウト

リノベーション工事後の間取り

リノベーション後の我が家の間取りがこちらです。

リビングの広さを確保したかったため、キッチンは3帖ほどしかありません。

【ビフォー】壁に囲まれた独立型の暗い壁付けキッチン

  • リノベーション前の独立型キッチン
  • リノベーション前の独立型キッチン02

上記はリノベーション前のキッチン。

比較的キレイな状態でしたが、壁に囲まれた独立型のキッチンで非常に暗かったため、リノベーションでは壁を壊し、オープンにしています。

【アフター】間仕切と目隠しを兼ねてカウンターを造作

造作カウンターの天板は足場板。その下はモルタル仕上げにしています

  • キッチンカウンターを造作中の大工さん
  • 造作中のキッチンカウンター

壁付けキッチンにする場合、多くの方がキッチンの側にダイニングテーブルを置きますが、我が家ではキッチンカウンターを造作しています。

カウンターを設けた理由は下記の3つです。

ポイント

  • ダイニングテーブルを置きたくない
  • リビングからキッチンが丸見えになるのを避けたい
  • 造作カウンターの裏(キッチン側)に収納スペースを作りたい

1. システムキッチンはクリナップのラクエラ

リノベーション後の壁付けキッチン

シンク側の壁にはサブウェイタイルを採用しました

システムキッチンには、クリナップの「ラクエラ」を採用しています。

詳しい仕様や使い勝手については、下記の記事をご覧ください。

2. キッチンにアイアンラックを設置

収納にもなるアイアンラックですが、わたしが求めたのはインテリア性(笑)

もちろん、ものを置くだけでなく植物や雑貨をハンギングできるため、とても便利です。

3. 吊り戸棚の代わりに足場板の飾り棚を採用

リノベーション後の壁付けキッチンに設置した足場板の飾り棚

吊り戸棚の収納力には劣りますが、圧迫感を出したくないため、我が家では足場板の飾り棚を設置しました。

「見せる収納」が嫌な方には不向きですが、出し入れが楽なので、わたしはとても使いやすいです。

壁付けキッチンのレイアウトまとめ

  • リノベーション前の独立型キッチン03
  • リノベーション工事後のキッチン

「キッチンは対面式が常識」と思われがち、必ずしもそうとは限りません。

また、キッチンは生活感の出やすい場所のため、機能面だけでなく空間全体の雰囲気や統一感も気にしながら「見せる・隠す」のバランスを取るのが大切。

どんなキッチンにも良し悪しがありますが、わたしは壁付けにして正解だったと感じています。

「対面式と壁付けのどちらにしようか悩む」という方は、リビングダイニングの広さから逆算する、または収納スペースで比較してみてください。

収納力や目線が気になる場合は、我が家のようにカウンターを造作するのもおすすめです!

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.