欲しい物件が先を越された……。ライバルに勝つために必要な2つのこと

投稿日:

欲しい物件が先を越された!ライバルに勝つために必要な2つのこと
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

2016年に中古マンションを購入したわたしたち夫婦。

今の住まいに満足してはいますが、物件探しは一筋縄ではいかず大変でした。

この記事では、不動産取引によくある「先越され問題」について、わたしたちの体験談、先を越されないために必要な2つのことをまとめます。

ヨコヤム

こんな方におすすめ

  • 住宅ローンで中古マンションを購入したい方
  • 欲しい物件に申し込んでも先を越される人
  • 優柔不断で欲しい物件になかなか申し込みできない人

「物件の申し込みで先を越された」はよくあること

「物件の申し込みで先を越された」はよくあること

ヨコヤム
不動産取引には幾つかのハードルがありますが、その中でも代表的なのが「物件探し」です。

注文住宅を建てる方であれば土地探しに苦労した……という方が少なくないですし、建売も同様。

マンションは特に、条件の良い物件ほど「スピード」勝負です。
ヨコヤム

わたしも実際に失敗しているため「欲しかった物件なのに先を越された」「あんなに良い物件は二度とないかもしれない」という気持ちは痛いほど分かります。

中古マンションは新築マンションよりも競争率が高い

ヨコヤム
意外に思われるかもしれませんが、物件の条件が良い中古マンションは、新築マンションに比べ競争率が高くなります。

その理由は売り出しの期間に関係します。

新築マンションには折込チラシなどの広告があり、一定の募集期間が設けられますよね?

ですが中古マンションは広告がない場合もあり、オンラインに掲載される前に買い手が現れることも多いです。

欲しい物件で先を越されないために必要な2つのこと

欲しい物件で先を越されないために必要なこと

結論から言います。

「ここだ」と思った物件を誰よりもスムーズに手に入れるには先ず、住宅ローンの事前審査を済ませておくことが大切です。
ヨコヤム

決断のスピードも重要ですが、不動産取引は口約束だけでは進められません。

ヨコヤム
住宅ローンの事前審査は「ほぼ間違いなく○○万円を借りられる」ということを証明するもの。

何の信用もない買い手に物件を売る不動産業者は存在しないため、「ローンを組める状態での物件探し」であることを明確にしておくことが、取引をスムーズに進めるコツです。

対策1. 住宅ローンの事前審査(仮審査)を済ませておく

住宅ローンは、返済者の信用情報や返済能力などを細かく審査されます。

事前審査は正式な申し込みよりも比較的簡単な審査と言われていますが

  • ローンを組むことができるのか
  • いくらまで借りられるのか

この2点を審査を通して知っておく必要があります。

ポイント

  • 事前審査は住宅ローンに申し込む前に、申込者の返済能力などを短期間に判断する審査のこと
  • 物件の売買契約前に申し込めるため、「住宅ローンが借りられそうか」を契約前に確認することができる

勤続年数が短い人でも住宅ローンは組めるの? の疑問にお答えします

対策2. 希望条件を決めておく

二つ目に必要なことは「条件を決めておくこと」です。

これがなかなか難しい……という人も多いですが、物件を内覧している段階である程度の条件は満たしているはず。
ヨコヤム

そのため、下記のような条件を幾つ満たしているかで判断しやすいようにしておくことも大切です。

我が家の希望条件

  • 駅から徒歩5分以内
  • 予算○○万円以内
  • 広さが○○平米以上
  • 駐車場に空きがある
  • 資産価値の高いマンションブランド

札幌で中古マンション探しをしたわたしたち夫婦の失敗談

【体験談】札幌で中古マンション探しをしたわたしたち夫婦の失敗談

ここでは、わたしたちが実際に体験した失敗談をご紹介します。

失敗談1. 事前審査が遅く買取再販業者に先を越された

  • 物件A (第1希望)78平米|駅徒歩6分 (南向で理想的な価格)
  • 物件B (第2希望)63平米|駅徒歩1分 (物件Aより狭く100万円高いが駅近で角部屋)

第1希望の物件Aは、売りに出されて間もなく、売主もまだ居住中の状態。

WEBにも公開されておらず「超ホット」な物件でした。広さも立地も価格もベストな条件。

ヨコヤム
これは!と思い、急いで事前審査をしたものの、審査承認を待って申し込みした時には既に「先約あり」との回答でした。

「WEBにも公開されていない物件だから大丈夫」という考えは甘かった……。

よくよく聞くと、申込んだのは現金一括払いの買取再販業者(中古マンションを一旦買い取り、リフォームして再販する業者)とのことでした。

売主からすれば、ローンを組めるかどうか審査中の買手より、現金で即購入してもらえるほうが良いですもんね。
ヨコヤム

先を越されたと知った時は本当にショックでした……。

失敗談2. 決断が遅く交渉権が回ってこなかった

  • 物件A (第1希望)78平米|駅徒歩6分 (南向で理想的な価格)
  • 物件B (第2希望)63平米|駅徒歩1分 (物件Aより狭く100万円高いが駅近で角部屋)

気をとり直して「物件B」に申し込もうか悩むこと2週間。

物件Aに比べ立地は◎でしたが、15平米狭いうえ100万円の予算オーバー。

あれこれ悩み、申し込みに踏み切ったものの、悩んでいた間にこちらも先を越され「交渉権が回ってくるかどうか、少しお待ちください」との回答でした。

ヨコヤム
ところがどっこい。

「物件Bもきっとダメだ……」と諦めかけていましたが、なんと奇跡的に

先に申込んだ方との交渉が決裂したため、ヤムヤムさんどうされますか?

の連絡。交渉権が回ってくるのは予想外でしたが、今度は即行動、即決で買い付け申し込みをしました。

失敗からの学び。最後は即決で希望物件を購入

前述のとおり、交渉権が回ってきて以降は「即決」で購入を決めたわたしたち夫婦。

はじめから深く考えず即決購入するのは危険ですが、条件を満たす物件を幾つか比較したあとは「即決」が物を言う場合もあることを実感しました。

先を越された「物件A」の後日談

買取再販業者に先を越された「物件A」はその後、リフォームされ再び売りに出されたという状態でした。

驚いたのがその価格。

わたしたちが申し込みした時よりもなんと700万円の上乗せ……。

ヨコヤム

築年数やその他の条件から見てもかなり強気な価格です。

ヨコヤム
ネットで内装を見ましたが、スケルトンリフォームではなく設備やクロスを替えただけのよくあるリフォーム……。

それでもすぐに買い手が見つかったようですが、正直そんなに支払うのはもったいないと思ってしまいました。

中古マンション購入は即決する勇気とスピード感が大切

中古マンション購入は即決する勇気とスピード感が大切

最終的には結果オーライだったわたしたちでしたが、前述したように「即決できるようにしておくための事前審査と条件整理」がいかに大切か……ということを身を以って体験。

不動産取引は、慎重になることもさることながら、即決する勇気とスピード感も必要です。

「値引き交渉をしない」という選択も効果あり

「条件にマッチする物件を少しでも安く購入したい」と思う方は少なくないですが、値引きが不利になることもあります。
ヨコヤム

わたしたちも悩みましたが、結果的には値引交渉せず満額で申込みをしました。

ヨコヤム
「値引交渉している間に、もしまた次の申込者が現れたらどうしよう……。

立地が良いので買い手はすぐに見つかるはず」と思うと、即決しか選択肢はなかったように思います。

詳しくは下記の記事にまとめています

欲しい物件を手に入れるために必要なことまとめ

購入した「物件B」に満足しているとは言え、今でも実は買い逃した「物件A」を見に行くことがあります。

「物件Aのほうが広かったよね」「でも駅からは遠い」などと夫婦で話しながら、「あの時は悔しかったねぇ」と思い出話に浸っています。

「不動産はご縁」と言われますが、実際に「物件B」で回ってきた交渉権のことを思うと、あながち間違いでもないと感じる今日この頃。

これから物件探しをする方の参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-中古マンションの選び方
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.