yokoyumyumのリノベブログ

マンション買ってリノベーション!ヨコヤムヤムの体験談と自宅の全てを公開中

Pコン(ピーコン)と言うのか!コンクリートに残る穴の謎

投稿日:2019年3月6日 更新日:

ヨコヤム
コンクリート打ちっ放しのビルやマンションで必ず見掛ける「丸い穴」みなさんも一度は目にしたことがあるはずです。あの穴は一体なんなのか?中古マンション購入&フルリノベーションを機に初めて知った穴の正体について書いています。

コンクリートの現し天井(スケルトン天井)

リノベーションでリビングのみ、梁も天井も現し(表し)にした我が家。以来、ずっと気になることがあるんです。それは梁や天井に残る丸い穴

現しの梁に残る丸模様

現しにした梁に残る、この丸い模様(画像右下)何かで埋めたような穴ですが、これはPコン(ピーコン)と呼ぶんだそう!

表し(現し)の梁に残るPコン(ピーコン)の跡

Pコン(ピーコン)って何?

マンションはRC造ですもんね。鉄筋を組み、型枠をハメてコンクリートを流し込むわけですが、そのときに必要な道具のひとつを「Pコン」と呼ぶそうです。

流し込まれたコンクリートの圧力に対抗できるよう、型枠を補強するための部品と言えばいいのでしょうか。Pコンを含めて3つのパーツが必要になるみたい。

  • Pコン
  • セパレーター
  • フォームタイナット
Pコン(ピーコン)の正体

出典:朝日建設の現場日記

セパレーターはコンクリート内に残りますが、Pコンは撤去されます。

コンクリート打ちっ放しの壁によく見られる「あの丸い模様」の正体は、Pコンを取り除いた後に残る穴をモルタルで埋めたもの、というわけです。

Pコン跡をどう見せるか

Pコンの跡をあえて残す
Pコンの跡を埋める

の二通りがある様子。

Pコン跡をあえて残し、それを活かして何かを掛けられるようにしたり、我が家のように、穴を埋めてしまうことも多いそう。平滑にして壁一面を丸ごと平面にするパターンもあるんだとか。

必ず残る跡なので、RC造の建築物は、型枠の木の種類やPコンのピッチなどを決める「割り付け」が大事ということと「Pコンの補修をどう見せるか?」もデザインのひとつということを知りました。

美しいコンクリートの壁とPコン(ピーコン)

天井を吊るため(二重天井用)の穴

今は、ただの「穴」ですが・・

天井に残る丸い穴
↓天井をブチ抜いたばかりのときは、こんな状態だったんです。穴のまわりから釘が飛び出てます。

二重天井のためのネジ穴

出典:ハンズデザイン一級建築士事務所

当時はこれが何かも分からず、現場の方に「この釘、綺麗に取ってもらえますよね?」としか言えませんでしたが、天井から天井を吊るため(二重天井)に必要な部品の一部だったんですね!

Pコンと分かってスッキリ

リノベーションの工事中、毎日現場に行っていたと言うのに・・今の今まで分からなかった穴の謎。しばらく経ってようやく理解出来ました。あー、スッキリ!

コンクリート打ちっ放しの建物を見たら、Pコン跡がどうなってるのか、これからはチェックしてしまいそうです(笑)

コンクリートの現し(スケルトン)天井って寒くないの?デメリットには何がある?についても書いてます↓

素材感が活きる!スケルトン天井コンクリート現しのメリット・デメリット

コンクリートの表し天井にした我が家。壁や床と同じく天井も部屋を印象付ける大事な要素なんです!

続きを見る

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの実体験をもとに住まいと暮らし・インテリア・北海道のローカル情報を発信中!現在はフリーライターとしても活動しています。詳しいプロフィールは↓おうちマークをクリック

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.