Pコン(ピーコン)とは? セパ穴とも言うコンクリートの丸い跡

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。
コンクリート打ちっ放しの建物や壁に見える浅くて丸い穴、通称ピーコン(Pコン)を皆さんも一度は目にしたことがあるはず。
ヨコヤム
ヨコヤム
これは、コンクリートを流し込む際に使う「ある道具」の跡をそう呼びます。そこで今回は、自宅のリノベーションを機にわたしも知った「ピーコン」についてまとめます。

表しにした天井(スケルトン天井)と梁で丸い穴を発見

コンクリート天井にしたリビング

リノベーションを機にLDKはスケルトン天井にしています

リノベーションで、リビングとキッチンの二重天井を撤去し、スケルトンの表し天井にした我が家。

表し天井とは、クロスなどを貼らずコンクリートの躯体そのままを、むき出し状態にする仕様を指します。

賃貸マンションも分譲マンションも、その多くは二重天井あるいはクロス貼りが多いため、はじめから表し天井であることは、ほぼありません。

それゆえに「リノベーションをするからには絶対、表し」と決めていたわたしたち。

ヨコヤム
そして、実際に始まった天井の解体工事の際、あらわになった天井を見て気になったことがありました……それが梁や天井に残る丸い穴。

ピーコン(Pコン)と呼ばれるコンクリートの丸い穴

コンクリートの梁に残るPコンの跡

コンクリートの梁に残るPコンの跡

天井を表しにするということは、梁や配管も同様にむき出し状態となります。

その梁で見つけた上記の丸い模様(画像右下)

何かで埋めたような穴ですが、これをピーコン(またの名をセパ穴)と呼びます。
ヨコヤム

ちなみにピーコンは「プラスチックコーン」の頭文字「P」から来ています。

ピーコンとは壁のへそ

コンクリートのピーコン

マンションはRC造ですもんね?

ヨコヤム
鉄筋を組み、型枠をはめてコンクリートを流し込むわけですが、そのときに必要な道具の一つを「ピーコン」と呼びます。

流し込まれたコンクリートの圧力に対抗できるよう、型枠を補強するための部品と言えばいいのでしょうか。

ちなみに、コンクリートを型枠に流し込む際は、ピーコンを含めて3つのパーツが必要とのこと。

  • ピーコン
  • セパレーター
  • フォームタイナット

ピーコンはコンクリートの型枠に必要な部品

Pコン(ピーコン)の正体

出典:朝日建設の現場日記

セパレーターはコンクリート内に残りますが、ピーコンは撤去されます。

コンクリート打ちっ放しの壁によく見られるあの丸い模様の正体は「ピーコンを取り除いた後に残る穴をモルタルで埋めたもの」というわけです。

ピーコン跡をどう見せるか

美しいコンクリートの壁とPコン(ピーコン)

ピーコンの跡をどう処理するか? これには二つの方法があります。

  • ピーコンの跡をあえて残す
  • ピーコンの跡を埋める
ピーコンの跡をあえて残し、それを活かして何かを掛けられるようにしたり(後述)、我が家のように穴を埋めてしまうことも多いです。
ヨコヤム

平滑にして壁一面を丸ごと平面にするパターンもあります。

ピーコン跡を活かしたインテリア

出典:タカギプランニングオフィス

画像は、ピーコンを活かした飾り棚の例。

ピーコン跡のサイズに合うボルトをはめ、その上に棚板を乗せています。

ピーコンは必ず残る跡のため、施工後に隠さない場合は、型枠の種類やピーコンのピッチなどを決める「割り付け」が大切。

つまり、「ピーコンの補修をどう見せるかもデザインの一つ」ということになります。

天井を吊る(二重天井用)の穴も発見

天井に残る丸い穴

天井に残る丸い穴

我が家の穴は、ピーコンだけかと思いきや、まだありました。お次は上記画像に見える穴。

工事終了後の天井の様子ですが、天井を解体したばかりの頃は、下記のような状態でした。

二重天井のためのネジ穴

出典:ハンズデザイン一級建築士事務所

二重天井に隠された秘密

穴のまわりから釘が飛び出る上記の穴。

当時はこれが何か分からずにいましたが、天井から天井を吊るため(二重天井)に必要な部品の一部だということを知りました。

表し天井にしていなければ、今もきっと知らないままで居ただろう穴の存在。

興味のない方のほうが多いと思いますが(笑)わたしは興味津々でした。

ピーコンを飾るアクセントセラミック

出典:セラメッセ

ピーコンの跡は「あえて見せる or 穴を埋める」の2パターンと前述しましたが「穴を飾る」という方法もあります。

しかも可愛い……。

バリエーション豊かな装飾

出典:セラメッセ

こちらは、アクセントセラミックと呼ばれる商品で、ビビットカラーやメタリックカラーなど、全部で25色のカラーバリエーションがあります。

価格は1個¥600〜¥900前後。

我が家のピーコン跡は既に埋められていますが、もし穴が開きっぱなしであれば、これを飾ってみたかった……です(笑)

ピーコンまとめ

棚を設置できたり、ボタンのような飾りを付けられたり、ピーコンって面白い!と思いませんか?

また、丸い穴の謎が解けてスッキリしたと同時に、もっと早くに知っていればなぁ……と少し悔しい気もします(笑)

これからはコンクリート打ちっ放しの建物を見るたびに、ピーコン跡がどうなってるのかチェックしてしまいそうです。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-リノベーションの基礎知識
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.