yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





何帖なら置ける?ダイニングテーブルって必要?置く置かない問題と理想の広さについて

この記事をシェアする

ダイニングテーブルって本当に必要?


ダイニングテーブルを置く or 置かない問題。家を建てるときや引越しなどを機に「迷う・・」という方は多いはず。

「あるのが普通でしょ?」と思っている方は少なくないと思いますが、「無くていいかも」と思うことが、実は意外に多い家具のひとつだと思うんです。

ダイニングテーブルは置かない

我が家のLDKは約17帖。ダイニングテーブルを置くことも可能ですが、リノベーションをする前から「リビングにダイニングテーブルは置かない」と決めていました。

リノベーション後の間取り

ダイニングテーブルを置かない理由

  • リビングを広く使いたい(見せたい)
  • DJブースを造りたい
  • 大きなソファを置きたい

家族構成やライフスタイルによって、リビングに求める条件は様々ですが、背の高い家具は置かない&リビングテーブル(ローテーブル)を使うことで、LDKはかなりスッキリした印象になるはず。

ダイニングテーブルなしのLDK

ダイニングテーブルのメリット・デメリット

  • 床よりも椅子に座る方が楽
  • 長時間の作業がしやすい
  • 場所を取る
  • テーブルの上が物置き化しやすい
  • 掃除しづらい

リビングテーブル(ローテーブル)のメリット・デメリット

  • 掃除しやすい
  • 部屋が広く感じられる
  • フレキシブルに使うことができる(移動させやすく、冬はこたつにすることも可)
  • 人によっては立ち座りが大変
  • 長時間の作業には向かない

リビングテーブル(ローテーブル)の最適サイズ

 

「座面の奥行き」にこだわって、ソファを選んだわたしたちですが、リビングテーブルも同じく、幅と奥行きには注意しました。

リビングテーブルだけのリビング

夫婦ふたりであれば

  • 幅120センチ以上
  • 奥行き60センチ以上

このくらい、またはこれ以上の大きさでないと窮屈なんじゃないかと。

LDK20帖以上が目安⁈


ダイニングテーブルを置くのであれば、キッチン(K)を除く、リビングダイニング(LD)の広さが、最低でも17帖以上ある方がいいのでは?というのが、個人的な意見(キッチンが3帖だとして)。

ダイニングテーブルを置くか置くまいか、悩む方の多くは、リビングダイニングが15帖前後の方に多い気がします。

 

椅子座 or 床座から考えるリビング造り

マンションは特に、間取り(広さ)から逆算して、椅子座 or 床座を決める方が多いですが、「置きたい家具」を元に、間取りを決めるのも一つの方法かと。

LDK20帖というのはあくまで目安ですが、賃貸・分譲を問わず、マンション住まいによくある「ダイニングテーブル問題」は、この広さを基準に考えてみるのがいいのでは?と、実際にリノベーションしてみて思います。

ただ、「狭い」「広い」の体感ポイントは、家具のサイズや配置、天井の高さや部屋の奥行きによっても左右されるので、数字ばかりに気を取られないようご注意を!

RECOMMENDこちらの記事も人気です