資産価値の下りにくいマンションとは?知っておきたい4つのこと

投稿日:2018年8月7日 更新日:

マンションの資産価値

築31年の中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち。

売ることを前提に買った訳ではないですが、それでもやっぱり資産価値は気になります。

マンションの資産価値

査定サイトで時々チェックしていますが、マンションの買取価格だけでなく「賃貸」時の家賃相場を見てみるのも参考になるかと!

値下がりしにくい条件とは

マンションを買ってまだ数年ですが、わたしが思うに資産価値の高い(下がりにくい)マンションは

  • 立地と交通の利便性
  • 周辺(生活)環境の良さ
  • 居住空間の充実

だと言える気がします。今でもネットで物件を探しますが(笑)この条件にあてはまるマンションの価格は中古でもお高め・・です。

1. 立地と交通の利便性

まずは「立地」。

新築・中古を問わずこれ以外には無いと思っています。資産価値に直結するものであり、あとから変えられるものでもありません。

立地の希少性

  • 最寄駅からの距離
  • 地下鉄やバスなど複数路線の有無
  • 治安

「住みたい街ランキング」にランクインするようなエリアであればあるほど、立地の希少性は当然高くなります。ランキング上位の場所であれば、治安に不安を感じることもあまり無いような。

資産価値の高いマンションとは?

2. 生活環境の良さ

交通の利便性に関係するのが生活環境。車がなくても困らない距離に、下記のような施設があるとベストかと

  • 保育園や学校
  • スーパーや商店街などの商業施設
  • 病院や金融機関

個人的な考えですが、学校や病院は地盤の固い土地に建てられる気がするので、そういう意味でも参考になるんじゃないかと思います。

また、単に便利というだけでなく、欲を言えば「美味しいお店」「老舗の名店」など、その町の「自慢」とも言えるような飲食店やショップがあると尚良しだと思います。

全国チェーンの飲食店やテナントが入る大型施設も需要は高いと思いますが「その町でしか買えない」ものや、地域密着型のショップがあると嬉しいという意見もあるはず。

3. 居住空間の充実

広さや間取りもマンション選びの大切なポイントですが「立地を無視してまでも手に入れたいマンション」はそれほど無いと思います。

新築であれば設備も最新で機能性は高いですが、中古でもリフォームやリノベーションで充分カバーできます。

リノベーション希望リスト(資料)

4. マンションの管理状態

新築時には分かりませんが・・資産価値維持の要はなんといっても管理です。

築年数が古ければ古いほど重要ですし、管理組合(マンションの住人)がコントロールしていく部分なので、中古物件であれば事前にしっかり調べましょう!

物件選びで迷ったら

駅から徒歩6分以内を条件に物件探しを始めたわたしたち。

  • 第1希望A:78平米 駅徒歩6分   (南向で理想的な価格)
  • 第2希望B:63平米 駅徒歩20秒 (Aより狭く100万円高いが駅近で角部屋)

迷いに迷って最終的に選んだのは「B」

第1希望の「A」より狭いうえに100万円の予算オーバーでしたが、実際に住んでみて「B」でよかった!と感じています。

リノベーション後の間取り

物件選びで迷ってしまう時、経験上おすすめなのは 「多少高くても立地の良い方」を選んだ方が良いのかも、ということ(もちろん個人差ありますが)あとになって「あのとき○○を選んでいれば・・」と思わないで済むような気がします。

ここだ、ここしかない!

資産価値を考えると「立地」は大切なポイントですが、立地を最優先にすべきかどうかは別問題です。

ここだ、ここしかない!と思えれば立地の良し悪しなど関係ないかもしれません。どこでどんな暮らしをしたいか?が一番大事ですもんね。

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

-マンション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.