西向きマンションは後悔するの⁈ その疑問にお答えします

投稿日:

ヨコヤム
昔も今も変わらない南向き最強説。「南向きが一番良し」とされがちな日当たり問題ですが、南向き以外は住みにくいということではありません。実際に、西向きマンションを購入したわたしが、そのメリットデメリットをまとめます。

リビングとベランダが西向きの中古マンションを購入

リノベーション後の間取り・西向きリビング

手前が西。玄関は東に位置しています。

フルリノベーションで、2LDKの間取りに変更した我が家。
3つの大きな窓(間取り図下部)は、全て西向きに並んでいます。

リビング&寝室以外(玄関・トイレ・お風呂)に窓はなく、角部屋だというのに、北側(間取り図・左)にも窓はありません(泣)

南向き最強説は果たして本当なのか

南向き最強説は果たして本当なのか

マンション購入時に「気になることトップ5」入りするであろう、日当たり問題。

南向きの部屋が高いこともあるので、人気なのは昔も今も変わらないとは思います。

が、南向きゆえのデメリットもありますし、日照時間という点では、北向きを除いてほとんど変わりません。

西向きマンションの特徴

西向きマンションの特徴

午前中は間接光・午後は直接光

西向きにリビングがある我が家の朝は少し暗め(間接光)ですが、部屋の明るさには、

  • 直接、日を当てて明るくする直接光
  • 間接的に日を取り込み明るくする間接光

の2種類の光があり、西向きの場合は

  • 午前中「間接光」
  • 午後からは西日が「直接光」

として光が部屋に入るため明るくなります。

賃貸時代は寝室が東向きだったため、はじめのうちは気分良し!と思っていましが、夏の間は「暑い」と感じて起きることが多かったような……。

札幌とはいえ、真夏ともなれば湿度も高く、蒸し蒸しする日が続きます。
本州に比べれば楽勝ですが(笑)

西向きマンションは夏の西日が暑いのでは?

ヨコヤム
冬はともかく、リビングが西向きの場合、夏の間は西日が暑いのでは? と聞かれますが、答えはNO。

西日が暑いと感じるか否かは、「窓の造り」が左右します。
不安に思う方は、下記のように工夫次第で改善できます。

遮光/遮熱カーテンを使う
複層ガラスにする
ガラスフィルムを使う

遮光にはバーチカルブラインドが便利

遮光にはバーチカルブラインドが便利

部屋がどの向きであっても、直射日光や西日を遮るにはバーチカルブラインドがおすすめです。

我が家も採用していますが、光が眩しいときはブラインドを閉じ、その時に応じてルーバーを調整します。

カーテンとは違い、ルーバーの開き具合で遮光できるため、とっても便利!

後付けできないマンションの窓

明り採りの役割も果たす室内窓

占有スペースと勘違いする方が多いですが、玄関や窓は共用部分!(玄関の内側・二重窓なら内側サッシまでは、リフォームなどで手を加えてもOK)。

当然、あとから窓を設けるなんてことは不可能です。

日当たりに不安を感じる場合は、リフォームで「明かりとり」を入れてみたり、間取りを変えてみるのもひとつの手です。(我が家もリビングと寝室の間に「室内窓」を造りました)。

また、東西南北の話から少し逸れますが、

共用廊下(マンション内の通路)側に面する窓

共用廊下(マンション内の通路)側に面する窓

出典:SEIKI

マンションの造りによっては、リビング以外の部屋の窓が、マンションの通路(廊下)側に面している間取りも多くあります。

採光・風通しという面では良いですが、通行人の視線・プライバシーの面では気になりますよね。

「リビング(バルコニー)の向きと窓問題」は、よくよく確認した上で物件選びしてください!

ヨコヤム
ちなみに、このような共用廊下向きの部屋がある物件を、わたしは全てNGにしました(笑)
窓があるのは嬉しいですが、そのメリットをあまり享受できず、むしろ音の問題やプライバシーを考えると、室内窓でカバーするほうが有効的ではないか……と判断したからです。

おわりに

「南向きが一番良し」とされがちな日当たり問題ですが、南向き以外は住みにくいということではありません。

西向きマンションを選んだわたしたちですが、はじめも今も特に不満なしです。

マンション選びは、そこに求める条件(立地や生活のしやすさなど)をいかに満たすか、のほうが大切だと思います。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-マンション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.