【errer(エレー)に学ぶインテリア】植物標本のある暮らし

投稿日:

ヨコヤム
高松市にあるアトリエ「errer(エレー)」をご存知でしょうか。植物や貝などを使って様々な作品を手作りしているエレーには、絶妙なセンスが魅力のインテリアオブジェが豊富にあります。
この記事では、2018年に当ブログでご紹介したエレー本とともに、年々人気を増す「植物標本」についてあらためて掘り下げたいと思います。
ヨコヤム

植物標本とハンドメイド雑貨のショップ「errer(エレー)」

出典:Pinterest

インテリアや雑貨を扱うショップ「errer(エレー)」の作品は、そのほとんどが植物を使って手作りされたオリジナルアイテムです。

繊細な造り、そしてアンティーク感のあるアイテムが多く、以前からわたしも度々ウェブを拝見しています。

2018年「Herbarium ハーバリウムでつくるおしゃれな雑貨とインテリア」を発売

errer(エレー)の本・Herbarium ハーバリウムでつくるおしゃれな雑貨とインテリア

2018年には、エレーによる著書「Herbarium ハーバリウムでつくるおしゃれな雑貨とインテリア」が発売されました。

ヨコヤム
ドライフラワーはもとより、ハーバリウムが注目され始めたのもこの頃ですよね。

それと同時に「インテリアグリーン」「インドアグリーン」というワードが定着しはじめ、根塊植物が広く知られるようになったのも、この時期だったと思います。

オイルハーバリウムの次は植物標本

観賞用として人気のハーバリウム(植物標本)

出典:Pinterest

本来は、「植物の観察用標本」として保存したものを指すハーバリウムですが、最近は観賞用(インテリアアイテム)として楽しむ方が多いハーバリウム。

ヨコヤム
オイルハーバリウムももちろん素敵ですが、個人的には「標本箱」や「壁掛け標本」などが好きです。

他にも何通りかの楽しみ方があります。

植物標本の種類

ラベル付けした押し花(ドライフラワー)

出典:Pinterest

植物標本の種類

  • 植物標本箱
  • 壁掛け標本
  • 標本ボード
  • 標本カード
  • 標本ノート
  • ガラスドーム
  • 試験管オブジェ
  • 標本袋

「こんなにあるの?!」と思うくらい、意外と幅広い植物標本。

詳しくは、「Herbarium ハーバリウムでつくるおしゃれな雑貨とインテリア」に書かれているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

植物標本に欠かせないラベル

DIY出来る植物標本

出典:Pinterest

植物だけでも絵になる標本ですが、「ラベル」があるとより映えますよね。

ご紹介した本には、ラベルの書き方についても紹介されています。

置いて楽しみ掛けて眺める植物標本

1. 試験官オブジェ

試験管で楽しむドライフラワー

出典:Pinterest

こちらは、ディスプレイしやすい円柱型の試験管を使ったオブジェ。

画像のように、大ぶりなドライを入れるのも素敵です。

2. 植物標本を額装

ヴィンテージ感のある植物標本

出典:Pinterest

額縁に入れる、または囲って壁に飾っても絵になります。

フレーム次第で雰囲気が変わるため、部屋のテイストに合わせてチョイスしてみてください。

モダンに飾る植物標本

出典:Pinterest

errer(エレー)に学ぶ植物標本のある暮らしまとめ

生花とは違い、手間が掛からずインテリアに取り入れやすいのがドライフラワーの魅力。

しかしながら「増やし過ぎてしまった」「スワッグ以外の用途はないかしら?」と思う方は少なくないと思います。わたしもそう(笑)

そんな時には「植物標本」がぴったりです。

お気に入りのドライを部分使いしながら新しい見せ方を楽しめる標本は、模様替えにも重宝すると思います。

ドライ好き、植物好きの方はこれを機にぜひトライしてみてください。

今月の人気記事TOP3

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【おしゃ家ソムリエおしゃ子】絶妙な突っ込みが癖になるインテリア漫画 2

2017年4月にこのブログでご紹介した「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」に関する記事を、2年以上が経った今、リライトを加えて再び公開します。何度読んでも飽きないおしゃ子の絶妙な突っ込みを、ぜひ皆さんにもお読みいただきたいです!

ベストバイ 3

ファンヒーターや加湿器の製造販売で有名なダイニチ工業から、2019年9月新しいハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」が発売されました。ハイエンドモデルのため決して安くはないお値段ですが、「今年は本気で加湿する」というわたしの願いを見事叶えてくれた優秀アイテムをご紹介します。

-DIY
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.