マンションナビにログイン!売却と賃貸の査定価格をAIが自動審査

投稿日:

ヨコヤム
全国47都道府県の中古マンションを網羅している「マンションナビ」は、マンションの「売却」「賃貸」の両方の想定査定相場が分かるサイト。今回は、マンションを売るときはもちろん、購入時にも役立つマンションナビの賢い使い方をご紹介します。

マンションナビとは

マンションナビとは

出典:マンションナビ

マンションナビは、全国47都道府県の中古マンション相場を知ることができるサイト。マンション名を入力するだけで「売却」と「賃貸」の両面から査定価格を知ることができます。

また、マンションを売却する際は、一括で査定依頼できる機能もあります。

なお、マンションナビは、住替えや転勤でマンションを売却するときや、相続された物件を売りたい時などに使う人がほとんどですが、「中古マンションをこれから購入したい」という人にもおすすめの不動産サイト。

ヨコヤム
この記事では「売却編」と「購入編」の二つに分け、マンションナビの賢い使い方をご紹介をします。

【特徴1】売却編:マンションの売却が得意な不動産会社に出会える

マンションの売却が得意な不動産会社に出会える

「不動産会社はどこも同じでしょ?」と思うかもしれませんが……答えはNO!

不動産会社は「得意」とする分野が会社によって異なります。マンションの買取や販売に強いところもあれば、戸建のほうが実は得意という会社もあります。

その点マンションナビでは、「マンションの売却に強い全国の不動産会社」と提携しているため、物件の特徴やエリアの特性に合った不動産会社と確実に出会うことができます。

一括査定では、わずか45秒で査定が可能

【特徴2】購入編:マンションの売却額は購入時の相場目安にもなる

マンションの売却額は購入時の相場目安にもなる

わたしが住むマンションの売却実績

マンション売却の査定額を知れるということは、言い換えればマンション購入時の相場が分かるということ、ですよね?

これからマンションを購入する方には、実際に売買された価格もぜひ参考にしていただきたいです。

マンションナビの二つの特徴

  • 特徴1. 複数の不動産会社に一括で査定依頼ができる
  • 特徴2. マンションの売却価格と賃貸価格の相場が分かる

マンションナビは、マンションを売却する際、複数の不動産会社へ一括で査定依頼が可能です。その物件の特徴やエリアの特性をよく知る不動産会社を紹介してもらえるため、初めて売却する方におすすめ。

また、マンションの売却価格も調べられるため「今住むマンションをどのくらいの金額で売却すれば良いのか?」についても、その相場をチェックすることができます。

これにより、賢く売却できるだけでなく、中古マンションを購入する際の相場チェックにも役立ちます。

【実体験】中古マンションを購入する際の「相場目安」を調べられる

中古マンションを購入する際の「相場目安」を調べられる

出典:マンションナビ

マンションナビは、最大9社による一括査定が可能な不動産サイトですが、前述のとおり「マンションを購入する際にも役立つサイト」です。

マンション名を入力するだけで相場が分かる

マンション名を入力するだけで相場が分かる

出典:マンションナビ

マンションナビは、上記の画像にあるとおり、都道府県とマンション名を入力するだけで相場価格が表示されるため、複数の物件を比較検討したいときに便利です

物件相場を知ることは、中古マンション探しにおいてとても重要。値引き交渉をしたい方には尚更です

また、目当ての物件以外に近隣マンションの売却や賃貸事例も表示されるので、こちらも参考になります。

相場よりも販売価格が高いマンションはリフォーム済の可能性大

相場よりも販売価格が高いマンションはリフォーム済の可能性大

中古マンションに多い「買取再販」。
買取再販とは、不動産業者が個人からマンションを買い取り、その後リフォームしてまた再販することを言います。

販売されているマンションが、あらかじめリフォームされた物件の場合は、マンションの売却相場にプラス数十万円〜数百万円、上乗せされることになりますよね?

つまり、相場を知っておくことで、「リフォームによってどのくらい上乗せされているか」が予想しやすくなります。

リフォームの範囲や内容にもよりますが、相場と掛け離れている場合は、不動産業者に値下げ交渉してみるのもいいかもしれません。

我が家の売却価格と賃貸価格を調べてみた

我が家の売却価格と賃貸価格を調べてみた

2019年12月の査定価格

築31年の中古マンションを購入し、フルリノベーションしたわたしたち夫婦。

もし自宅を売却するとしたら……幾らで売れる? と気になり調べてみました。

  • 2019年12月:売買/1,292万円 賃貸/8.4万円
  • 2019年8月:売買/1,480万円 賃貸/8.9万円
  • 2018年7月:売買/1,020万円 賃貸/8.4万円

2018年に比べ、2019年は査定額が上がっています。
築年数の古いマンションにもかかわらず、価格が上がるのはおそらく、駅近物件だからだと予想。これは嬉しいです(笑)

リノベーションの評価額は含まれないため注意が必要

マンションナビは、リフォームやリノベーションの有無は関係なく、過去の事例や査定推移にもとづいて価格が自動表示されます。

そのため、売却価格を決めるときは、リノベーションに掛かった費用も含めて検討する必要があります。

また、リノベーションによってグレードアップした設備などは、サイト上では分からないため「具体的な売却価格を知りたい」というときは、マンションナビによって案内された不動産業者と実際に会い、自宅の査定をしてもらいましょう!

一括査定では、わずか45秒で査定が可能

マンションナビの賢い使い方まとめ

「マンションを売りたい」「あのマンションの販売価格が気になる」というときは、ぜひ一度マンションナビで相場を調べてみてください。

マンションの売却履歴を知れるということは、売る人だけでなく、これから買う人にとっても役立つ情報のはず。

まだまだ全国的にマンションバブルが続く昨今……少しでも賢く売却そして購入できるよう、上手に情報収集したいものです。

中古マンション売却価格を自動査定するならマンションナビ

-中古マンション購入

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.