売るときも買うときも!マンションナビで査定価格を調べてみよう

投稿日:2019年8月12日 更新日:

ヨコヤム
マンションの査定・売却専門サイトが、実は購入時にも役立つことをご存知でしょうか? 今回は「 マンションナビの賢い使い方」についてご紹介!

【売却編】マンションナビとは

マンションナビとは

マンションナビは、マンションを売却する際に便利な一括査定サイトのこと。

住替えや転勤でマンションを売却するときや、相続された物件を売りたいという時などに使う人がほとんどですが、「中古マンションを探したい」という人にもおすすめの不動産サイトです。

ヨコヤム
この記事では、「売却編」と「購入編」の二つに分けて、マンションナビのご紹介をします。

マンションナビとは

マンションナビには主に2つの特徴があります。

  • 特徴1. 複数の不動産会社に一括で査定依頼ができる
  • 特徴2. マンションの売却価格と賃貸価格の相場が分かる

マンションナビは、「マンションを売却したい」というときに、複数の不動産会社へ一括で査定依頼が可能なサイト。その物件の特徴や、エリアの特性をよく知る不動産会社を紹介してもらえるため、初めて売却する方におすすめです。

また、マンションの売却価格も調べられるため「今住むマンションをどのくらいの金額で売却すれば良いのか?」についても、その相場をチェックすることができます。これにより、賢く売却できるだけでなく、中古マンションを購入する際の相場チェックにも役立ちます。

マンションの売却に強い不動産会社に出会える

マンションの売却に強い不動産会社に出会える

「不動産会社はどこも同じでしょ?」と思うかもしれませんが……答えはNO!

不動産会社は「得意」とする分野が会社によって異なります。
マンションの買取・販売に強いところもあれば、戸建のほうが実は得意という会社もあります。

その点マンションナビでは、「マンションの売却に強い全国の不動産会社」と提携しているため、物件の特徴やエリアの特性に合った不動産会社と確実に出会うことができます。

一括査定では、わずか45秒で査定が可能

【購入編】中古マンションを探すときにも便利

中古マンションを探すときにも便利

マンションナビは、最大9社による一括査定が可能なサイトですが、マンションを購入する際にも役立ちます。

  • マンション名
  • 住所
  • 駅名
  • 地図

から、マンションを選ぶだけで相場価格が表示されるので、複数の物件を比較検討したいときに便利!(全国(47都道府県)の中古マンション相場をほぼ網羅しているそう)。

物件相場を知ることは、中古マンション探しにおいてとても大切!(値引き交渉をしたければ尚更です)

また、目当ての物件以外に近隣マンションの売却・賃貸事例も表示されるので、こちらも参考になりますよ!

自宅の売却・賃貸価格を調べてみた!

2019年8月の売却・賃貸価格

築31年の中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。

「今、売るとしたら一体いくらなのかしら?」と気になり、2019年8月時点での売却・賃貸価格を上記の通り調べてみました。

ちなみに、2018年7月に調べたときよりも査定額が上がっていました!(嬉しい)

  • 2019年8月:売買/1,480万円 賃貸/8.9万円
  • 2018年7月:売買/1,020万円 賃貸/8.4万円
マンションナビで調べた自宅マンションの査定額

2018年7月の売却・賃貸価格

リノベーションの評価額は含まれないため注意が必要

マンションナビは、リフォーム・リノベーションの有無は関係なく、過去の事例や査定推移にもとづいて価格が自動表示されます。

そのため、売却価格を決めるときには、リノベーションに掛かった費用も含めて検討する必要があります。

また、リノベーションによってグレードアップした設備などは、サイト上では分からないため「具体的な売却価格を知りたい」というときは、マンションナビによって案内された不動産業者と実際に会い、自宅の査定をしてもらいましょう!

【購入編】過去の売却事例を見ることも可能

マンションナビでは、マンション名を入力するだけで、そのマンションの過去の売却事例や賃貸事例も見られます。

「これからマンションを探したい」「AとBのマンションを比較したい」という時に大変便利!わたしも実際に、この機能を使って、希望エリアのマンションをリサーチしました。

相場よりも販売価格が高いマンションはリフォーム済だから⁈

日本最大級のマンション一括査定サイト「マンションナビ」

中古マンションに多い「買取再販」。買取再販とは、不動産業者が個人から物件を買い取り、その後リフォームしてまた再販することを言います。

販売されているマンションが、あらかじめリフォームされた物件の場合は、マンションの売却相場にプラス数十万円〜数百万円、上乗せされることになりますよね?

つまり、相場を知っておくことで、「リフォームによってどのくらい上乗せされているか」が予想しやすくなります。リフォームの範囲や内容にもよりますが、相場と掛け離れている場合は、不動産業者に値下げ交渉してみるのもいいかもしれません。

おわりに

「マンションを売りたい」「あのマンションの販売価格が気になる」ときは、ぜひ一度マンションナビで相場を調べてみてください。

また、マンションの偏差値や、実際に住んでいる方(住んだことのある方)の口コミを知りたい!という時は「 マンションレビュー 」がおすすめです。

全国的にマンションバブルが続く昨今ですが……少しでも賢く良い物件を売却または購入したいですよね!

中古マンション売却価格を自動査定するならマンションナビ

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-マンション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.