道民必見。津別の私設美術館「シゲチャンランド」が面白い

更新日:

ヨコヤム
周囲に何もない一本道を走っていると、道路沿いに突如現る赤い建物。ここがそう、噂の私設美術館「シゲチャンランド」です。
オープンしたのは2001年。はや十数年、津別で「シゲチャン」の芸術は爆発し続けています。
ヨコヤム

シゲチャンランド外観

大西重成さんによる私設美術館「シゲチャンランド」

シゲチャンランドの赤い物体

「シゲチャンランド」を作り上げた大西重成(おおにし しげなり)さんは、元々東京でグラフィックデザインをされていた方。

坂本龍一、バービーハンコックのレコードジャケットや、モスバーガー「モスモス」の表紙、「ひらけ!ポンキッキ」のオープニングタイトルなど、聞けば誰もが知る著名人や広告デザインを担当されていたそう。

津別にお戻りになって以降も、シゲチャンランドを運営する傍ら、グラフィックデザイナーとして活動されています。

シゲチャンランドには何がある?

廃材などを使ったシゲチャンの作品

シゲチャンランドには、廃材などで作られた様々な作品が展示されています。

広い敷地の中には複数の建物がありますが、順路は特になく、好きに見て回るスタイル。

堅苦しさは皆無で、静かに鑑賞する必要もなく、思いのままに楽しめます。

驚いたり、笑ったり、シゲチャンの作品はとにかく魅力的。

見所は自然の産物とシゲチャンの化学反応

シゲチャンランドのナノナノ族

ナノナノ族

シゲチャンの作品は、前述のとおり廃材や自然に落ちているもので作られます。

動物の骨や、瓶の蓋、それらがシゲチャンの手によって蘇っています。これぞまさに自然の産物とシゲチャンの化学反応。

シゲチャンランドの作品

下記はおそらく流木。結構な大きさで迫力がありました。

シゲチャンランド駐車場

耳の施設

シゲチャンランド「耳の施設」

シゲチャンランドにある各展示スペースには、ヒトのカラダの一部がタイトルに付けられています。ここは「耳」。

この建物に妙に惹かれてしまい、思わずポーズを取ってしまいました(笑)

赤い建物の真ん中には下記の「ひょうたんオヤジ」が居ます。

シゲチャンランドのひょうたんオヤジ

ひょうたんオヤジ

伝えきれないシゲチャンランドの魅力まとめ

「道の駅あいおい」クマヤキ

出典:北海道ラボ

もっと沢山の作品をご紹介したいのですが……全部書いては行く楽しみが減ってしまうためココでおしまいとします。

「まだ行ったことがない」という道民のみなさんは、ぜひ一度足を運んでみてください。

最後に、シゲチャンランドに行かれる際は「道の駅あいおい」にある、シゲちゃんデザインの「クマヤキ」も忘れず食べてくださいね。

シゲちゃんランド

  • 開館期間 :5月初旬~10月下旬
  • 休館日  :毎週水・木・金(祝日の場合は開館)
  • 入場料  :小学生以上 700円(幼稚園児以下無料))
    シゲチャン*ランド
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-コラム

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.