北海道ローカル

クリエイティブなヒト・モノ・コト。津別の私設美術館「シゲチャンランド」が面白い!

投稿日:

怪しいけれど怪しくない

道路沿いに突如現る赤い建物。ここがそう、オーナー・シゲチャン(大西重成(おおにししげなり)さん)による私設美術館『シゲチャンランド』。

オープンしたのは2001年。はや十数年、ここ「津別」でシゲチャンの芸術は爆発し続けています。

シゲチャンってスゴイ人

私設美術館を作っちゃう時点で、充分にスゴイのですが、もとはグラフィックデザインを生業にしていた(している)シゲチャン。坂本龍一、バービーハンコックのレコードジャケットのイラストや、モスバーガー『モスモス』の表紙。『ひらけ!ポンキッキ』のオープニングタイトルなどなど、ね?凄い人!

シゲチャンランドの赤い物体

芸術が静かに爆発

順路がないのもシゲチャンランドの良いところ。好きに見て、勝手に感じて、想像する。それでいいじゃーん!なスタイルが好き(違っていたらゴメンナサイ)。とにもかくにも堅苦しさ皆無。これって結構ダイジなことだと思うんです。

廃材などを使ったシゲチャンの作品

なに?何?見て!見てー!の連発で、黙って見る人なんか居ないような。わくわくするし、驚くし、笑えるし。

そこら辺のものと廃材

落ちているものだとか、動物の骨だとか、瓶の蓋だとか。そういう物たちが、シゲチャンの手によって蘇ってます。自然の産物とシゲチャンの化学反応。

シゲチャンランドのナノナノ族

↑ナノナノ族

シゲチャンランドの作品

↓こっちは流木かな?

シゲチャンランド駐車場

「耳の施設」

ヒトのカラダの一部がタイトルに付けられている各展示室。ここは「耳」。

シゲチャンランド「耳の施設」

↓ひょうたん野郎(あ、ひょうたんオヤジ?だったかな) 

シゲチャンランドのひょうたんオヤジ

↓こっちは「元気君。」 
シゲチャンランドの元気君

伝えきれないシゲチャンランドの魅力

もっともっと見て欲しいところがあるけれど・・全部書いてはツマラナイのでココでおしまい。

道東が生んだアーティストですもの、まだ行ったコトがないという道民のみなさんには特に、体験いただきたいスポット。もちろん、道外の方も大歓迎。

おわりに・・

クマヤキも食べてね

シゲチャンランドに行くときは「道の駅あいおい」で、シゲちゃんデザインの「クマヤキ」もぜひに!

「道の駅あいおい」クマヤキ
出典:https://hokkaido-labo.com/michinoeki-aioi-kumayaki-16320

シゲちゃんランド 

・開館期間 :5月初旬~10月下旬
・休館日  :毎週水・木・金(祝日の場合は開館)
・入場料  :小学生以上 700円(幼稚園児以下無料))
シゲチャン*ランド

RECOMMENDこちらの記事も人気です

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ファッション系広告代理店を経て、2012年東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに、住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信中。フリーライター兼ライフスタイルリフォームアドバイザーとして、2018年10月フリーへ転身しました!

RECOMMEND

1

無印良品が考える家づくりのカタチ・暮らしの提案とは何か。そして、無印良品のリノベーション「MUJI INFILL 0(ムジ インフィル ゼロ)」に込められた無印良品イズムとは?を、ヨコヤムヤムがショールームに伺い直接取材させていただきました。

2

簡単リメイクで、初心者の方にもオススメのDIY。こうすればニトリだとは気付かれまい!

3

バーチカルブラインドの最大のメリットは『デザイン性』。カーテンにはカーテンの良さがありますが、わたしたちは何と言ってもバーチカル。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.