yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





「建売(一戸建て)が買えるのに、なぜマンション?」ライフスタイルと住まいの問題

この記事をシェアする

戸建ではなくマンション一択


札幌市の中央区、地下鉄徒歩1分の場所に建つ、築31年の中古マンションを購入したわたしたち。はじめから、戸建ではなくマンション一択でした。

マンションリノベーションしたヨコヤムヤムの自宅

「建売が買えるのに、どうしてマンションなの?」

確かに、マンションリノベにかかった費用(マンション購入+リノベーション費用)は、札幌であれば建売にも手が届く価格。

そのうえ、マンションは住宅ローン以外にも、毎月コストがかかります(駐車場代・管理費・修繕積立金)。

マンション売買の契約書

今のライフスタイルと定年後に備えて


住みたい場所は譲れない・・
毎月コストがかかっても・・
「じぶんたちが望む暮らし方」を実現させたかっただけなんです。

そりゃ、ずいぶんと悩みましたけど(笑)

  • 立地最優先=車がなくても(手放したあとも)交通の便がよいこと
  • 住みたいエリアかつ駅近はマンションが中心
  • 自分たちの趣味やライフスタイルに合う
  • 老後も住みやすいこと(豪雪地帯であることも関係します)
  • 定年後の住み替え(戸建→マンションのように住まいを買い替えること)は無理と判断

を考えると、当時も今もやっぱり「マンション」がベストだと思ってます(あくまで「わたしたちにとって」という意味です)。

リノベーションでリビングに設置したDJブース

老後の住み替え 


今住むマンションにも実際に、「戸建を売ってマンションに引っ越してきたんです」というご老人が数人いらっしゃいます。

「階段の昇り降りがなく、雪かきからも解放され、駅近なので病院にも通いやすい」のが、主な理由なんだそう。

「車椅子生活になっても暮らしやすいしね」と、車椅子に乗ったおじいちゃんのお話を伺うと、確かにそうかも、と感じます。

 

マンションリノベから建売にシフト


「中古マンション購入&フルリノベーション」と、はじめは思っている方でも、物件情報を集めながら資金計画を立てていくうちに、「建売と、それほど変わらない」ということが分かってくると、「やっぱり戸建だ!」と、マンションリノベから建売や注文住宅にシフトする方も多いそう。

リノベーションのこだわりのひとつ「トグルスイッチ」

札幌の場合、郊外であれば建売は割安なことが多いため(むしろ、マンションリノベより安かったり)建売を買うという方も少なくないと聞きます。

実際に、札幌はここ数年、新築も中古もマンションの価格が上がり続けているため、「物件価格+リノベーション費用が」必要となると、中古でもマンションリノベはそれなりの金額になってしまいます。

リノベーションのプランニング前に自分たちでまとめたリクエスト資料

戸建リノベという選択肢


「戸建リノベ」を考えたこともありましたが、戸建となると、やっぱり駅からは少し離れてしまいます。でもって、戸建は木造が主ですよね。RC造のマンションとは違い、構造そのものの強度を増す必要があったり、マンションリノベ以上のコストがかかります。

木造住宅の寿命がそれほど長くはないことも含めて、戸建リノベには気乗りしませんでした※戸建のフルリノベをしたいという方は、ざっくりですが、1000〜1500万円ほど掛ければ、丈夫で素敵な戸建リノベが実現するかと!

リノベーション工事中の我が家

お金以外に大切なこと


「どういう暮らしをしたいのか?」住まいづくりは、全てここから始まるはず。

住宅ローンのシュミレーションを始めたり、家づくりの話が本格化すると、どうしても「お金」を中心に考えてしまう気持ちは、よく分かりますが、

  • 住みたい家(それが戸建だろうとマンションだろうと)に、どうすれば住めるのか
  • 長い目で見てマッチする選択は何なのか

周りの声や、これまでの慣習に左右されず、ご自身の判断で、しっかり見極めてくださいね!

あわせて読みたい

RECOMMENDこちらの記事も人気です