フックがあれば大丈夫。ダクトレール(ライティングレール)と天井インテリア

投稿日:2019年4月30日 更新日:

ヨコヤム
ハンギング用フックに変換ソケット、そしてコンセントプラグまで!今回は、天井インテリアを最大限に楽しめるダクトレール(ライティングレール)の便利さについてご紹介します。

コンクリートの現し天井とダクトレール(ライティングレール)

リノベーションで取り付けたダクトレール(ライティングレール)

リノベーションで我が家も取り入れたダクトレール(ライティングレール)。これが実に便利でして!
ダイニングに採用してペンダントライトを付ける方も多いですよね。

ダクトレールとペンダントライト

出典:Pinterest

照明だけじゃない!専用フックでハンギングも可能

ダクトレール(ライティングレール)にハンギング

出典:Pinterest

照明はもちろんですが、観葉植物にドライフラワーなど、専用フックを使えばハンギングだって楽しめちゃいます(照明のコードが長いときも、このフックがあると◎引っ掛けて使えます)。

フックはホームセンター or ネットで購入できます。
取り付けも簡単。垂直に取り付けて、カチッと回すだけ。

あると便利なコンセントプラグ&変換ソケット

使いたい照明のソケット部分が、ダクトレールに合わないことも多々あります。
そんな時は「変換ソケット」を使えば大丈夫!

でもって、ダクトレール専用のコンセントプラグまで売っているので、直接電源を取ることも可能です。
ね?ダクトレールって便利なんです。

ダクトレール(ライティングレール)のメリット・デメリット

照明の付け替え/向きの変更が簡単
明るさを調整しやすい
照明以外のものもハンギング可能
引掛シーリングにも対応

レールが目立つこともある
カラバリが少ない

天井面の仕上げにもよりますが、引っ掛けシーリングに比べるとダクトレールは目立ちます。
それを逆手に取りましょう(笑)

我が家はコンクリートの表し天井なので、多少目立つくらいがちょうどいい、そう思うようにしています(笑)

賃貸には簡易ダクトレール(引っ掛けシーリング用ダクトレール)がおすすめ

簡易ダクトレール・取り付け方

ダクトレールには2種類があり、

  • 直付用ダクトレール
  • 簡易ダクトレール(引っ掛けシーリング用)

天井に直接取り付ける(直付け)場合は、業者にお願いする必要があるため(電気工事士の資格が必要)賃貸の方は「簡易ダクトレール」がおすすめです。

商品は「ニトリ」「ロウヤ」「パナソニック」「コイズミ」辺りで探す方が多い様子。




\ LOWYA(ロウヤ)でダクトレールを見る /

吊り下げタイプのダクトレール

吊り下げダクトレール(ライティングレール)

出典:Pinterest

我が家は天井に直接ダクトレールを設置していますが、画像のように吊るすことも可能です。

吊りボルトの長さを変えれば、天井が高くない場合も、圧迫感は感じないはず。
これもアリだったなぁ……と今更思います(笑)

おわりに

賃貸時代に感じていた「照明が気に入らない」問題は、簡易ダクトレールで解決していたわたし。

もちろん、照明器具そのものを交換することは可能ですが、ダクトレールを使うほうが、部屋の中を広く照らすことができる&明るさを変えられるので、この点はメリット大かと。

ペンダントライトなど、照明が一つしかない場合は、その真下しか明るくならないので、それを避けたい、という方にもおすすめです。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.