熊の木彫りでおしゃれに。熊と楽しむアニマルインテリアのすすめ

投稿日:

ヨコヤム
気が付くと増えている、我が家の動物たち。近頃は、熊の木彫りにハマっていることもあり、熊が多く仲間入りしています。
置物とはいえ、動物たちは人を癒す。ということで今回は、熊の木彫りを含む「アニマルインテリア」についてご紹介します。
ヨコヤム

熊の木彫りはインテリアに合う

熊の木彫りはインテリアに合う

わたしが「熊の木彫り」に目覚めたのは、数年前に「東京903会」を知ったことからだったと記憶しています。

「今なぜ、熊の木彫り熊なの?」と不思議に感じたと同時に、「サケをくわえた熊だけが、木彫り熊の姿ではない」と分かり、以降、自分なりに木彫り熊をリサーチし、今に至ります。

上記の画像にある通り、木彫り熊発祥の地・八雲の熊をご覧いただくと「熊の木彫りはインテリアに合う」ということを、お分かりいただけるはず。

わたしも実際に八雲へ行き、現地の方にお話を伺ったり、貴重な木彫り熊を見せていただいたりもしました。

ヨコヤム
その時の様子と、八雲でおすすめの熊スポットを下記の記事にまとめています。

「日経MJ」にも熊の木彫りについて掲載されました

2020年(令和2年)3月15日(日曜日)日経MJ

2020年(令和2年)3月15日(日曜日)日経MJ

「熊の木彫りはインテリアに合う」と、ブログやSNSで発信していたところ、なんとあの「日経MJ」からお声が掛かり、ご覧のとおり紙面で取り上げていただいたこともあります。
ヨコヤム

「意外なほどインテリア雑貨として部屋になじみます」札幌市に住むラフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムさんは、大小合わせてアンティークなど4体の木彫り熊を自宅で飾っている。

木目調の落ち着いた見た目は「北欧家具との相性も良い」。食器棚やテーブルなどに置いて「眺めているだけでリラックスできる」とヨコヤムヤムさん。

8年前、夫との結婚を機に東京から札幌に移住。地元の魅力を調べるなか、北海道土産の定番だった木彫り熊の愛くるしい姿にみせられた。

ヨコヤムヤムさんが買い集めた木彫りの熊はほえたり、あぐらをかいたりと、その容姿はバラエティ豊か。ただ、世間でおなじみのサケをくわえた熊がいない。

引用:(令和2年)3月15日(日曜日)日経MJ

あると癒される熊の木彫りとアニマルインテリア

聞き馴染みのない「アニマルインテリア」という言葉ですが、わたしが思うに程度の差はあれど、どのお宅にも必ず一つくらいは「動物」が存在すると思っています。

ヨコヤム
風水にも登場することから、人と動物、そして家と動物には深い関係があるはず。

そして、アニマルインテリアと聞くと北欧インテリアを代表する「リサ・ラーソン」や、旭川家具で有名な匠工芸のアニマルスツールを思い浮かべる方が多いかもしれません。

これらはもはや定番とも言えるアニマルインテリアですが、今回は「人とカブリにくい魅力的なアイテム3つ」を次項でご紹介します。

インテリアに熊を取り入れる。おすすめアイテム3選

アニマルインテリアと言っておきながら、結果的には「熊」ばかりになってしまいました……。こりゃ、熊った熊った。
ヨコヤム

1. Ibride(イブリッド)のブックシェルフ

 Ibride(イブリッド)のブックシェルフ

出典:MUSETOKYO

斬新なデザインでありながら、全身が収納になる優れもののブックシェルフがこちら。

フランスの「イブリッド」というブランドが販売しているアイテムで、他にもさまざまな動物シェルフがあります。

高圧ラミネートプレートという素材でできており、耐水性、耐熱性があるため屋外でも使用可能。

モダンインテリアにマッチするアニマルアイテムです。

公式サイトで見る

 

2. KARE(カレ)のサイドテーブル

KAREの白熊

出典:KARE

KARE(カレ)は、ドイツ生まれのインテリアブランド。

年間で2000アイテムを発表するデザインレーベルです。それゆえにデザインも多種多様。

シンプルなアイテムから、かなり派手なものまで、見ていて飽きないブランドの一つです。

このサイドテーブルの耐荷重は20kgあり、機能性もバッチリ。重たい本もしっかり支えてくれます。

寝室や玄関、リビングなど、場所を選べず使えそうなアイテム。

公式サイトで見る

 

3. 壁紙屋本舗の貼ってはがせる熊の壁紙

出典:楽天

さすが「壁紙屋本舗」。

ありました、ありました、可愛い熊が。

迫力のある大きさながらも、キュートさを感じる熊の壁紙は他になかなかありません。

「自分で壁紙を張り替えるなんて無理」と感じる方は少なくないですが、壁紙屋本舗であれば初心者でもトライできます。

楽天で見る

 

「壁紙を変えるのはちょっと……」と抵抗を感じる方には、ウォールステッカーがおすすめ。

ステッカーであれば誰でも簡単に貼ることができます。

楽天で見る

 

我が家の熊の木彫り

我が家のアニマルインテリア

我が家の動物、全員集合

ヨコヤム
こうして見ると我が家には「強い」動物ばかりがいます(笑)華奢で可愛い動物が居ないのは、飼い主の性格を表わしているのでしょうか(笑)

家の中を旅する熊の木彫りたち

スイスで彫られた熊の木彫り

スイスで彫られた熊の木彫り。わたしの一番のお気に入りです。リビングをうろうろ……後ろ姿も可愛い♪

笑う熊の木彫り

笑ってます

ヴィンテージの親子熊

左側の熊は最近仲間入りしたヴィンテージの子熊

スイスの熊と八雲生まれの子熊

真ん中は八雲生まれの子熊です

家族を見守るライオンとゴリラ

リビングには家族を見守るライオンとゴリラが

ブックエンドにもなるゾウの置物

ゾウはブックエンドとして活躍してくれています

熊の木彫りが奇譚クラブのガチャガチャに登場

奇譚クラブで人気の「座るシリーズ」にもなんと、熊が登場しました。
ヨコヤム

「座る熊」は、1個300円で全6種類あり、なぜかパンダも居ます。

一般的な熊の木彫りに比べると、かなり小さいですが、これはこれで熊ファンの心をくすぐるはず。

詳細は下記の記事にまとめています。

熊の木彫りで楽しむインテリアまとめ

ご紹介した「壁紙」以外は、家のなかで移動させられる動物たちです。

我が家のようにその日の気分や季節に合わせて、動物たちをぜひあちこちに動かしてみてください。

デザインもサイズも数多ある動物アイテムですが、お嫌いな方は少ないはず。

皆さんも、一つ二つとお気に入りを増やしてみてはいかがでしょうか。

タグ

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-おすすめインテリア 
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.