直火対応で1台4役!山善の電気グリル鍋「キャセロール」が使えて便利

投稿日:

ヨコヤム
生活雑貨メーカー・山善(やまぜん)が「暮らしに役立つものづくり」をテーマに、RoomClipとコラボしている「おうちすっきりプロジェクト」。この企画は、山善がRoomClipユーザーへ向けて “おうちをすっきりさせるためのアイテム提案” をしていくというもの。そのお手伝いメンバーとしてこの度なんと、第2期アンバサダーにご指名いただいたヨコヤムヤム。今回はその第三弾、キャセロールのご紹介です。

アンバサダーとは?

山善のアイテムが「どのように暮らしに役立つのか」を一緒に考え、そのアイテムを山善と一緒に広げていくのが基本的なミッション。
発売前のアイテムを使ってみたり、商品開発の担当者やショップの担当者と意見交換するなど、さまざまな活動をしていきます。

参考:山善×RoomClipのおうちすっきりプロジェクト

はじめに/キャセロールにモノトーンが登場

2017年に第1弾が発売された山善の「キャセロール」に今回、モノトーンが登場しました。

画像左にある第1弾のキャセロールとは打って変わって、今回は見た目も機能もさらに進化しています。

電気グリル鍋キャセロールとは

キャセロールとは

シリーズ名「Casserolle」(キャセロール)はフランス語の鍋“Casserole”に英語の豪華な“Luxury”を足した造語で、日常にほんの少しの豪華さを演出するというコンセプトを表現しています。

進化したキャセロールのメリット・デメリット

1. キッチンに映えるデザイン

キッチンに映えるキャセロールのデザイン

新しいキャセロールはブラックとホワイトの2色展開。
わたしはブラックをチョイスしました。

ご覧のとおり、マットな質感! 見た目に反して軽いところも高ポイントです。

2. 内鍋を取り外せるため手入れが簡単

画像のとおり内鍋を取り外して使うことも出来るため、お手入れも簡単!
鍋と蓋は丸洗い可能で、本体は付近などで汚れを拭き取ります。

3. 直火もOK。煮る・焼く・蒸す・炊くの1台4役

  • 炊く
  • 鍋

第1弾のキャセロールは1台3役でしたが、今回は1台4役に機能が増えています。

IH対応で直火OK。
さらに、煮る・焼く・蒸す・炊くのすべてが可能という優れもの。
「もう一つコンロがあれば……」「ホットプレートは場所を取る……」という時に便利です。

また、鍋としても重宝するため、カセットコンロ要らずで手軽に鍋料理を楽しむこともできます。
これはホムパにも便利なはず!

水蒸気が逃げにくい構造のため、無水料理のようなことも可能

水蒸気が逃げにくい構造のため、無水料理のようなことも可能です。

4. 鍋底にコード収納があり邪魔にならない

鍋底にコード収納があり邪魔にならない

電気コードは本体と一緒になっており、取り外すことができません。が!
鍋底にコード用収納があるため、邪魔にならずスマートに収納することができます。

この機能、嬉しくないですか?
見せる収納にする際は特に、コードが見えていては見栄えが悪い……。でも、この仕様なら安心です。

5. デメリットは……


ありません。
と、言いたいところですが、強いて言うならば「大家族には向いていないかもしれない)」という点でしょうか(笑)

キャセロールで一気に大量の何かを作る場合は、メニューや調理法が限定されると思います。

おわりに/RoomClipで活用事例を見てみよう

我が家は主に「炊く」もしくは「鍋」用として使っていますが、味噌汁やスープを作るときにもちょうど良いです。

本体も鍋も非常に軽いため、高いところへ収納する際も苦になりません。

また、1台4役ゆえ、「鍋やフライパンが足りない」という時にも役立ち、一家に一台あると便利な家電の一つだと思います。

「活用事例をもっと見てみたい」という方は、是非RoomClipもご覧ください。
ダウンロードは無料。インストール後「キャセロール」と検索してみてくださいね!

RoomClip 部屋のインテリア・家具・DIYの写真を共有

RoomClip 部屋のインテリア・家具・DIYの写真を共有
無料
posted withアプリーチ

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.