ダクトレールは黒か白しかない? 色選びのコツとメリットデメリット

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

賃貸でも取付け可能とあって人気のダクトレールですが、「ダクトレールには黒と白しかない?」「色を決められない……」という方もいらっしゃるはず。

そこでこの記事では、ダクトレールのカラーバリエーション、選び方、メリットデメリットについて解説します。
ヨコヤム

ダクトレールには黒か白しかない

ヨコヤム
結論からお伝えすると……ダクトレールには基本的に、黒か白しかありません。

稀にシルバーや下記のようなウッドタイプの商品もありますが、ごく一部です。

木とスチールのダクトレール

木とスチールのダクトレール(引掛けシーリング用)

楽天で見る

 

選択肢は少ないものの黒と白はどんな部屋にも合わせやすい

「黒と白しかない」と聞くと、自分の部屋に合うか不安と感じる方もいらっしゃるでしょう。

ですが黒と白は無彩色。そのため基本的にはどんな色にも合わせやすいのが特徴です。
ヨコヤム

とは言えど、「黒と白のどちらを選べば良いか分からない……」という方に向け、次項で選び方のポイントをお伝えします。

ダクトレールは黒と白のどっちを選べば良いのか?

黒のダクトレールが合う部屋

天井に直付けした我が家のダクトレール

我が家の天井はスケルトン。ダクトレールは黒を選びました

黒のダクトレールが合う部屋

  • スケルトン天井の部屋
  • 天井の色が暗めの部屋

スケルトン天井とは、クロスなどの内装材が一切なくコンクリートをむき出しの状態にした天井のこと。

マンションリノベーションやリフォームで、天井をスケルトンにする人の多くが「黒」を選んでいます。

また、天井のクロスがダークカラーな部屋にも黒がおすすめです。

白のダクトレールが合う部屋

白のダクトレールが合う部屋

  • 白を基調とした部屋
  • ダクトレールを目立たせたくない部屋

天井や壁の色を白で統一している部屋にはやはり、白が一番馴染みます。

もちろん黒が合わないわけではないですが、存在感が出てしまうため気になる方は避けたほうが良いでしょう。

板張りの天井や、木目調のクロスに白を合わせるお宅も多いです。

ダクトーレルは専用パーツも黒と白に分かれる

後述しますが、ダクトレールはフックを使って植物を吊り下げたり、コンセントプラグを使うことで電源を確保することも可能。

専用パーツが売られており、こちらも色が黒と白に統一されています。

吊フック(黒)

吊フック(黒)

楽天で見る

 

吊フック(白)

吊フック(白)

楽天で見る

 

変換ソケット

楽天で見る

 

コンセントプラグ

楽天で見る

 

ダクトレールのデメリット

ダクトレールのカラバリと選び方に続き、ここからはメリットデメリットを解説します。

デメリット1. 黒と白の2色からしか選べない

前述のとおりダクトレールは黒と白の2色。

照明にこだわりたい人にとって、選べる色が少ない点はデメリットと言えます。

ですが、「選ぶ数が少ないほうが迷わないで済む」という捉え方もあるでしょう。

デメリット2. 天井の高さによっては照明に手が届かない

ダクトレールを取り付ける人の多くがスポットライトを使いますが、天井が高い部屋になるほどライトに手が届きません。

スポットライトは向きを変えられて便利ですが、手が届かない場合は脚立を使って調整するなどが必要です。

デメリット3. 賃貸の場合は引掛けシーリング用しか使えない

LOWYAのダクトレール

出典:LOWYA

ダクトレールの取付方法

  • 持ち家:直付け用ダクトレール
  • 賃貸:引掛けシーリング用(簡易ダクトレール)

ダクトレールの取付け方には2種類あり、天井に直接取り付ける場合は、業者に依頼する必要があります(電気工事士の資格が必要)

そのため賃貸住まいの方は、天井に直付けしたくてもほぼ不可能。

後付けしたい場合は引掛けシーリング用一択になります。

ダクトレール(ライティングレール)のメリット

ダクトレールにはカラバリが少ないなどのデメリットがあるものの、他の照明と比べ実用性が高いことも事実。

ここからは具体的なメリットを見ていきましょう。

メリット1. 直付けであれば長さは自由自在

ダクトレール1本あたりの最大ワット数は1500ワット

スイッチが1つのとき

  • ダクトレール1本で1500ワット

スイッチが2つのとき

  • ダクトレール1本で1500ワット
  • ダクトレール2本なら3000ワットまで利用可能

※15帖のリビングの場合600ワット程度がちょうど良い明るさと言われています

前述のとおり、ダクトレールは持ち家であれば天井に直付けが可能です。

  • 持ち家:直付け用ダクトレール
  • 賃貸:簡易ダクトレール(引っ掛けシーリング用)

直付けできれば設置する場所も選ばず、レールの長さも自由自在。

1本のダクトレールには1500ワットまで複数の照明を付けられる点もメリットです。

メリット2. スポットライトであれば照明の向きを変えられる

ダクトレールを使うとき、スポットライトを取り付ける人が多いのは「明るさと向きを調整できるから」です。

ペンダントライトであれば、光は真下にしか向きませんがスポットライトであれば好きな方向に光を向けられます。

広い部屋であれば尚更、便利。

店舗での使用率が高い点から見ても、ダクトレールは使い勝手が良いと言って間違いありません。

メリット3. 専用ファンがあり空気循環も可能

出典:楽天

ダクトレールには、画像のような専用ファンもあります。

ファンを天井に取り付ければ空気循環できるほか、サーキューレーターのように場所も取りません。

ファンによって暖房効率をあげられるうえ、加湿器を使うときも役立ちます。

メリット4. 専用フックで照明以外のものを付けられる

出典:楽天

ダクトレール専用のフックを使えば、画像のように植物を吊るすことだって可能。

お気に入りのドライフラワーやモビールをハンギングできるのは、ダクトレールならではです。

リノベーションで直付けにした我が家のダクトレール

黒のダクトレールを設置したリビング

リノベーション後のリビング。天井には黒のダクトレールを直付けしています

中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。

LDKの天井をスケルトンにし、いづれの場所にもダクトレールを取付けています。

色は黒。

「ダクトレールには黒と白しかない」と知るまでは、グレーがあれば良いのに……とも思いましたが、今となっては気にしていません。

スポットライトにはオーデリックを採用

  • ダクトレール用LEDのスポットライト

スポットライトにも様々ありますが、我が家はオーデリックから上記2種類をチョイスしました。

どちらもLED。シンプルで光沢のないマットな質感と色味が気に入っています。

楽天で見る 楽天で見る

 

ダクトレールは黒か白しかない?まとめ

ダクトレールにはなぜ黒と白しかないのか……。

考えてみれば日本の住宅は「壁といえば白」という具合に、画一的で個性がありません。

仮に、ダクトレールに黄色や赤があったとしても「使う人はごく一部」になってしまい、それによって規格が少ないのかもしれません。

カラバリは少ないものの、実用性が高く使い勝手が良いのは間違いないため、設置を検討している方には自信を持っておすすめします。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションのデメリット
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.