シンク下にゴミ箱を置くデメリット。食器棚やカウンター下の場合も解説

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

引っ越しや家づくりを機に、キッチンのゴミ箱をシンク下に置きたいと考える人は少なくありません。

ですが気になるのが、匂いや使い勝手に関するデメリット。

そこでこの記事ではシンク下にゴミ箱を置くメリットデメリットを徹底解説します。

ヨコヤム

悩んだときの判断基準

  • 動線重視の人はシンク下
  • シンク下の収納スペースを減らしたくない人は食器棚の下 or カウンターの下
  • ゴミ箱を隠したい人はシンク下 or カウンターの下

シンク下にゴミ箱を置くメリット

シンク下にゴミ箱を置くメリット

先ずはシンク下にゴミ箱を置くときのメリットから見ていきましょう。

メリット1. 調理中、ゴミを捨てやすい

一つ目はゴミが捨てやすいという点。

ヨコヤム
体の向きを変えずにゴミをサッと捨てられるのは手間がなくスムーズです。

自動開閉式のゴミ箱や、足で開けられるゴミ箱であれば手を使わずに捨てられます。

メリット2. 対面キッチンであればリビングからゴミ箱が見えない

キッチンが対面式の場合、ゴミ箱をシンク下に置くことでリビングからは見えません。

今ではオープン型のキッチンが主流のため、ゴミ箱をなるべく見せたくない人にとってはメリットと言えます。
ヨコヤム

シンク下にゴミ箱を置くデメリット

シンク下にゴミ箱を置くデメリット

シンク下にゴミ箱を置くデメリットは3つ。

それぞれの対策案も一緒に見ていきましょう。

デメリット1. 湿気が多く匂いがこもりやすい

シンク下には配管があり、通気性はさほど良くありません。

ヨコヤム
そのため湿気がたまりやすく、匂いもこもりがち。扉があれば尚更、気になります。

対策案

  • 重曹を使う
  • こまめに洗う
  • 生ゴミを直接捨てない

ゴミ箱の匂い対策は上記の3つ。

水がはねたときはその都度拭いたり、重曹を振りかけて匂いを防ぐなどすれば、最小限に抑えられます。

デメリット2. オープンな状態だと生活感が出る

シンク下のスペースがオープンな場合、ゴミ箱は丸見え状態。

この場合は生活感が気になることもあるでしょう。

そんな時の対策案は3つあります。

ヨコヤム

対策案

  • デザインにこだわる
  • 扉を付ける
  • 突っ張り棒を使って布で隠す

ジータのようなデザイン性の高いゴミ箱を置いたり、扉を自作するのも一つの手。

一番手っ取り早いのは、突っ張り棒を使って布で目隠しする方法です。

デメリット3. キッチンによっては思うように置けない

シンク下には配管があるため、ゴミ箱のサイズによっては邪魔になります。

ヨコヤム
またキッチンの高さは80cm前後が一般的。となるとゴミ箱の高さも限定されます。

対策案

  • ゴミ箱のサイズを工夫する
  • 配管を隠して、ゴミ箱の背面をフラットにする

賃貸の場合はゴミ箱のサイズを変えるのが一番。

可燃ゴミは大きめ、資源ごみは小さめにして配管を避けると良いでしょう。

持ち家の場合はシンク下に手を加えて、ゴミ箱収納に適した造りに改修する方法もあります。

ゴミ箱は食器棚の下、カウンターの下に置く方法もある

「ゴミ箱をシンク下に置きたい」と思ってはいても、実は別の置き方のほうが良いという場合もあります。

例えば食器棚の下や、カウンターの下です。

ゴミ箱を食器棚の下に置く

出典:lowya

キッチンにカップボードなどの食器棚を置くのであれば、その下にゴミ箱を収納する方法もあります。

ヨコヤム
壁付けキッチンの場合は特に、この方法を選ぶ人が多いです。

ゴミ箱をカウンターの下に置く

出典:lowya

上記のように作業台の下をゴミ置き場にする、あるいはキッチンの背面カウンターを使う方法も選択の一つ。

「シンク下のスペースを減らしたくない」「食洗機が大きいので場所がない」という人に向いています。
ヨコヤム

食器棚の下やカウンターの下にゴミ箱を置くときのメリットデメリット

出典:lowya

メリット1. シンク下に比べ、調理している人の邪魔になりにくい

ゴミ箱をシンク下に置くと、キッチンを二人で使う場合は不便です。

一人が洗いものをしていれば尚更。

ヨコヤム
その点ゴミ箱がシンクから離れていれば、調理中にほかの人がゴミを捨てにくる時も遠慮せずに済みます。

メリット2. シンク下の収納スペースを減らさずに済む

シンク下は貴重な収納スペース。

調理器具を入れたり、食洗機をビルトインにしたりと、「ゴミ箱よりも優先したいもの」があります。
ヨコヤム

こう考えると自ずと、ゴミ箱は食器棚やカウンター下に置くことになるでしょう。

デメリット1. ぴったりサイズのゴミ箱を探すのが難しい

シンク下に比べ、食器棚やカウンター下のほうがゴミ箱を置きやすい反面、「ぴったり合うゴミ箱」を探すのは大変。

ヨコヤム
分別を考慮すると必要な数のゴミ箱を置けなかったり、高さや幅に制限があるなど、ゴミ箱選びに苦戦するかもしれません。

デメリット2. 食器棚やカウンターのサイズによってはゴミ箱が前に飛び出る

キッチンの奥行きはだいたい60〜65cmが一般的。

一方、食器棚やカウンターは奥行きが異なります。

ゴミ箱の奥行きが広い場合、ゴミ箱がぴったり収まらず前に飛び出ることもあるため、見た目が気になる人は注意が必要です。
ヨコヤム

我が家はカウンターの下にゴミ箱を収納中

左側奥に見える作業台ワゴンの下にゴミ箱が入っています

ヨコヤム
我が家では今、ご覧のとおりゴミ箱が直接見えないようにしています。

使っているのはディノスのステンレス作業台ワゴン。

ゴミ箱の容量が14Lと少なめですが、「ゴミ箱を見せたくない」人にはもってこいのアイテムだと思っています。

作業台と収納を兼ねるワゴンなら省スペースになる

ディノスのステンレスワゴンを愛用中

ディノスのステンレスワゴンを愛用中|出典:dinos

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。

キッチンは壁付けにし、「ゴミ箱はカウンター内に隠す」と決めていました。

とは言えどキッチンは2.8帖という狭さ。

そのためディノスのワゴンを使って、作業台、収納、ゴミ箱置き場の3つを集約させています。
ヨコヤム

シンクの背面にゴミ箱を置けば、調理中もゴミを捨てやすい

ヨコヤム
シンク下にゴミ箱がなくても、「振り向けば捨てられる場所」に置けば、使いにくさは感じません。

扉を開ける一手間は必要なものの、これはシンク下に扉がある時も同様です。

ステンレスワゴンについて詳しく見る

 

シンク下にゴミ箱を置くデメリットまとめ

ステンレス製ダストボックスワゴン 3分別タイプ

ゴミ箱専用のワゴンもあります|出典:dinos

キッチンのゴミ箱をどこに置くか?

これは案外、難しい問題かもしれません。

キッチンの間取り、サイズ、家族構成に左右されるため、「日々どういう使い方をするか?」をじっくり見極めて判断する必要があります。

それでも悩むときは、

  • 動線重視の人はシンク下
  • シンク下の収納スペースを減らしたくない人は食器棚の下 or カウンターの下
  • ゴミ箱を隠したい人はシンク下 or カウンターの下

上記それぞれに当てはめて考え、一番しっくりくる置き場所を決めてみてください。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションのデメリット
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.