【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

メキシコの建築家ルイス・バラガン!代表作2つを詳しく紹介

メキシコ ルイスバラガン
ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!メキシコ大好きヨコヤムヤムです。

ルイス・バラガンはメキシコを代表する建築家ゆえ、「名作を見てみたい」と思う方は少なくないと思います。

そこでこの記事では、わたしが実際に現地で見てきた2つの名建築をご紹介します。

ルイス・バラガンに興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

ヨコヤム
ヨコヤム

Instagramでメキシコ情報更新中

Instagram

instagram-yokoyumyum_mexico

Instagramでは、 旅先で知り得たこと&お役立ち情報を投稿しています。

メキシコの街並みをはじめ、有名建築についても更新していますので、こちらもぜひ参考にしてください♪

yokoyumyum_mexico

ルイス・バラガンの代表作

  • サン・クリストバルの厩舎
  • サン・クリストバルの厩舎にある噴水
  • ピンクの壁

ルイス・バラガンの代表作

  • ルイス・バラガン邸と仕事場
  • ヒラルディ邸
  • サテライトタワー(★)
  • サンクリストバルの厩舎(★)
  • トラルパンの修道院礼拝堂

★この記事でご紹介する作品です

ヨコヤム
ヨコヤム
メキシコで見られるルイス・バラガンの代表作は、主に上記の5つです。

「ルイス・バラガン邸と仕事場」が最も有名かつ、アクセスしやすいものの、わたしはまだ行けていない……!

そのため、この記事では「サテライトタワー」と「サンクリストバルの厩舎」を詳しくご紹介します。
ヨコヤム
ヨコヤム

ルイス・バラガンのプロフィール

プロフィール

ルイスバラガンの石像

ルイス・バラガン(Luis Ramiro Barragan Morfin) 1902 – 1988

ルイス・バラガンは、メキシコ出身の建築家です。

グアダラハラの工科大学で水力工学を学んだ後、建築家・都市計画家として活躍しました。

「光の魔術師」として知られるルイス・バラガンは、建物にメキシコらしいピンクや黄色などのビビッドカラーを取り入れたモダニズムと土着のスタイルが特徴的です。

わたしは、ルイス・バラガンの色使いが大好きです。

ヨコヤム
ヨコヤム
日本にはない鮮やかな配色は、何度見ても飽きません。
ルイス・バラガンに影響を受けたとされるリカルド・レゴレッタも同様で、パキッとした色彩豊かな建築がたいへん美しいです。
ヨコヤム
ヨコヤム

代表作1. サテライトタワー

歩道橋から見たサテライトタワー

赤・青・白・黄色で彩られた5つの塔

ヨコヤム
ヨコヤム
サテライトタワーは、都市開発とともに街のランドマークとして造られ、高速道路の中央分離帯に建っています。

以前までは建物の前まで行けたそうですが、ここ数年は遠くから見る以外に方法がないのが残念です。

サテライトタワーは場所や角度によって実は見え方が異なる

サテライトタワー

彫刻家マシアス・ゲーリッツと共作で手掛けたサテライトタワー

この画像は、幹線道路上に架かる歩道橋の上から撮影したものです。

その後、サテライトタワーに向かって歩きましたが、近づいていくうちに見え方が違っていきます。
ヨコヤム
ヨコヤム

タワー同士の距離感や大きさが、遠目に見たときとは異なり面白いです。

ちなみに、歩道橋の高さが日本とは全く違い、非常に高いので高所恐怖症のわたしは足がすくんでしまいました(笑)

独特なリズム感と光の変化が面白い5つの塔

サテライトタワーに実用性はありません。

ヨコヤム
ヨコヤム
しかしながら、独特なリズム感が見ていて実に楽しいです。

また、光のおりなす空間と色彩デザインの美しさにも魅了されます。

代表作2. サンクリストバルの厩舎

サンクリストバルの厩舎

「サンクリストバルの厩舎」は、メキシコシティの郊外に位置しています。

キューピーマヨネーズやハイブランドのCMにも使われたとして有名です。

敷地内には住宅と厩舎があり、サラブレッドの繁殖と競走馬の訓練を行う家族が現在も住んでいます。
ヨコヤム
ヨコヤム

敷地の前にある「恋人の噴水」

恋人の噴水

ヨコヤム
ヨコヤム
ここは、厩舎の敷地前にある「恋人の噴水」です。

この日は残念ながら水が張られていませんが、馬の休憩場所として噴水があります。

特別な仕掛けはありませんが、直線的かつビビッドなピンクが目を引きます。
ヨコヤム
ヨコヤム

敷地の中央にあるプールは馬の水飲み場

敷地の中央にあるプール

敷地内に入ると、中央にプールがあります。

ヨコヤム
ヨコヤム
深さが浅いのは、馬のため!

水面が馬のお腹に達するように計算されています。

噴水から流れ落ちる水と厩舎

噴水と厩舎

敷地中央にある噴水の奥に厩舎があります。

どこを切り取っても直線が続き、それぞれで異なる高さがまた美しさを演出しているように感じます。
ヨコヤム
ヨコヤム

 サンクリストバルの厩舎は馬と人間のオアシス

  • 紫とピンクの壁
ヨコヤム
ヨコヤム
ルイス・バラガン自身も馬が好きだったそうで、サンクリストバルの厩舎は馬にあわせた不思議なデザインが特徴的です。

住居スペースにあるプールとテラス

  • 中庭にあるプール

噴水や厩舎に比べると住宅は小ぶりです。

しかしながら、白い壁に覆われたテラスの屋根とプールには、光や水を好むバラガンらしさが表れています。
ヨコヤム
ヨコヤム

効率良く見学したいときはツアーがおすすめ

サンクリストバルの厩舎とわたし

ヨコヤム
ヨコヤム
わたしは今回、VELTRA(ベルトラ)のツアーに参加し、「サテライトタワー」と「ルイスバラガンの厩舎」を見学しました。

一人あたり210ドル(2024年1月現在)となりますが、個人で予約する手間や移動を考えると、ツアーのほうが何倍も楽です。

日本語で説明いただけますし、往復送迎のおかげで治安面でも安心できました。

宿泊しながら名建築を楽しめる「カミノレアルポランコメキシコ」も見どころ満載

カミノレアルポランコメキシコ

「カミノレアルポランコメキシコ」は、メキシコの建築家リカルド・レゴレッタが手掛けたホテルです。

ピンクの格子とイエローの壁が印象的で、1968年に建てられたものとは思えないほどモダンな雰囲気が漂います。

下記の記事に、実際に宿泊したスイートルームの様子もまとめていますので、こちらもぜひあわせてご覧ください。
ヨコヤム
ヨコヤム

メキシコの建築家ルイス・バラガンの代表作まとめ

ルイス・バラガンによる類い稀な構造感覚やメキシコならではの建築は、実際に訪れてみる価値ありありです!

わたしもまだまだバラガン建築を見たいので、今後もメキシコへ行こうと思っています。

Hasta luego!

YouTube動画


リショップナビ【公式】にて我が家のリノベーション事例が公開されています

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人
yokoyumyum

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。住まいに関する記事の寄稿、監修もしています。最近はメキシコに興味津々!旅に関する記事も更新中です。

-メキシコ旅行