手紙社の人気イベントが北海道初進出。札幌蚤の市&札幌もみじ市とは

投稿日:2019年6月14日 更新日:

ヨコヤム
6/15(土)16(日)の二日間に渡って開催される札幌蚤の市&札幌もみじ市をご存知でしょうか?(簡単に説明するならば『LOPPIS(ロッピス)at イコロの森 』のようなイベント)手紙社って何? 蚤の市には何があるの? そんな疑問にお答えしつつ、ヨコヤムヤムおすすめのブースをピックアップします。

東京蚤の市&もみじ市で知られる手紙社

手紙社とは?
手紙社は編集チームです。現在、「イベント」「雑貨」「カフェ」を3本柱にして業務を遂行していますが、自分たちの中ではさほど明確な区分をしていません。
自分たちが「ワクワクするかも」と感じたサムシングを、自分たちにしかできないやり方で編集し、よりワクワクしてもらえるようなパッケージにしてお披露目する。それが、私たちのしごとです。
引用:公式サイト

「東京蚤の市」や「もみじ市」なら知っています、という方は多いかもしれません。

手紙社の原点と言われる「もみじ市」がはじまったのは2006年のことだそう。毎回、数万人が訪れるというイベント。凄いですよね!

また、SNSを使ったブランド展開というのでしょうか。告知やプロモーションが他社とは違って「つい見てしまう」「目に入ってくる」そんなところが手紙社の凄さ、だとも感じています。

全体的にナチュラルテイストな雑貨やインテリア、あるいはそういうライフスタイルを好む女性に人気がある印象。

作家やクリエイターにフィーチャー

札幌蚤の市&札幌もみじ市

出店:公式サイト

もみじ市や蚤の市で知られる手紙社だけに「イベント集団」というイメージがありますが、その基点となるのは、日本国内の作家やクリエイターに注目してるところにあるのかと。

蚤の市やもみじ市では、たくさんの作家・陶芸家・料理家・イラストレーターなどが出店しています。

今回ご紹介する札幌蚤の市&もみじ市も同様です。

道外からの出店もあるようですが、札幌近郊で活躍されている方々のお名前もチラホラ。

札幌蚤の市&もみじ市のおすすめブース12選

出典:札幌蚤の市&札幌もみじ市特設サイト

ヨコヤムヤムの独断と偏見ですが…!

札幌のショップ&作家さんを中心におすすめブースをピックアップします。

札幌蚤の市

古材を使ったプロダクトが魅力の SALVAGE YARD と 札幌スペース115より出店の Anorakcity さんをセレクト。

東京から出店されるヴァダアンティークスさんもおすすめです

こちらはともに札幌でよく知られるギャラリー

こちらも有名店。まだ買ったことがない&食べたことがないという方はこの機会にぜひ

札幌もみじ市

高旗さんをはじめ、他の作家さんともコラボして作られる○○が、蚤の市でのわたしのお目当!すぐに売り切れてしまいそうなので…何かは秘密(笑)

おすすめ以外にも見どころ満載の2日間

ここには書いていませんが、当日はライブがあったり、ワークショップなども行われます。

「おやつ通り」以外に、がっつり食べられるフードもあるのでお腹が空いても大丈夫。

イベント終了が16時と少し早めなのでご注意ください!わたしも15(土)会場をウロチョロしまーす。

札幌蚤の市&札幌もみじ市概要

日程:2019年6月15日(土)16日(日)
時間:9:15〜16:00
開催場所:JRA札幌競馬場
北海道札幌市中央区北16条西16-1-1
入場料:無料
※雨天決行
http://nomi-momi.com/

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

-ライフスタイル
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.