我が家は壁付け!クリナップ・ラクエラで見せるオープンキッチンに

投稿日:2017年6月13日 更新日:

ヨコヤム
2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち。キッチンは「壁付け」にし、クリナップの「ラクエラ」を採用しています。今回は、マンションリノベーションに多い(と思われる)ラクエラの、メリットデメリットをまとめます。

リノベーションでオープンキッチンに変更

  • リノベーション前のキッチン
  • リノベーション後のキッチン

リノベーション前は、壁に囲まれた独立型のキッチンだった我が家。

リノベーション後は壁を取り払い、オープンにすると決めたものの、悩んだのは対面式 or 壁付け。

当初は対面式も考えましたが……わたしたちが出した答えは「壁付け」でした。

リビング・ダイニングを最大限に使えるのが、壁付けキッチンのメリットですが、わたしたちはダイニングスペースにテーブルを置いていません。

ダイニングテーブルを置かない分、大きなソファを置いてます。

リノベーションで壁付けキッチンに

システムキッチンはクリナップの「ラクエラ」を採用

クリナップ・ラクエラのシステムキッチン

クリナップのキッチンは、お値段の高い順に下記3タイプがあります(ラクエラは2016年9月にモデルチェンジ)

ステンレスに定評のあるクリナップですが、残念ながらラクエラにはオールステンレスがありません。
あればどんなに嬉しかったことか……。

わたしはオールステンレスなキッチンにしたかった!(笑)

ラクエラのメリット

1. ステンレスワークトップ

「アクリストン」「コーリアン」「ステンレス」の3種類から選べるワークトップ。

ラクエラに関係なく、どのキッチンも人工大理石が人気のような気がしますが、わたしは断然ステンレス(※Ⅰ型・L型は、ステンレスワークトップが標準になるそうです)。

コイニング加工のおかげか、目立つキズは今のところありません。

また、キャビネット内がステンレスなのも、わたしは嬉しい!匂いが気にならず、掃除もしやすいです。

2. 美・サイレントシンク

「美・サイレントシンク」は、水はね音が抑えられる静音シンクのこと。
「洗い物をしていると、テレビの音が聞こえくなる」なんて事は無くなりました(笑)

さらに、シンクの表面には水アカがつきにくい美コート(親水性のセラミック系特殊コーティング)が採用されています。

エンボス加工が施されているので、キズがつきにくく、汚れにくいです。洗剤バスケットは標準装備!

3. 扉カラーが豊富

「キッチンは家具」がラクエラのデザインテーマ。

ビンテージ仕上げを取り入れた「CAFEWOOD(カフェウッド)」や「WOOD ウッド(マット)」が個人的にはおすすめです。
光沢がなく、自然な表面の凹凸が◎

ラクエラのデメリット

1. 床すれすれのスライド収納

クリナップ・ラクエラ床すれすれのキャビネット(スライド収納)

デメリットはひとつだけ!

それは、キャビネット部分が床すれすれな事。
見た目には美しいのですが……気を付けないと、足の指が挟まれるかもしれません。

勢いよく開けないことと「慣れ」の問題ですが、家族とキッチンに立つ場合は、相手が怪我をしないよう注意が必要です。

キッチンには置かないと決めたカップボード

カップボードも吊り戸棚も採用しなかった我が家ですが、必要以上のものを持たなければ、収納に困ることはありません。

食器は、キャビネットの中に収納しています。
また、家電は腰より低い位置に配置し、リビング側から見えないように工夫。

オープン型のキッチンは「見せる・見せないのバランスが大切」だと、個人的には思います。

対面式キッチンで後悔しないために。壁付けキッチンの魅力まとめ

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションした我が家。システムキッチンは、壁付けを採用しています。「イマドキ壁付け?」と突っ込まれるかもしれませんが、あえての壁付けです。また、「キッチンはやっぱり対面式でしょ?」というイメージが強い日本ですが、必ずしも「Yes」とは言い切れません。

続きを見る

オープンキッチンはリビングの中のインテリア

足場板を使った見せる収納

オープンにしている以上、リビングダイニングから見えるキッチンは、ある意味「インテリア」だと思います。

なので、「キッチンは家具」と掲げるラクエラのデザインテーマには共感!

キッチンに高級感を求める方にはきっと、物足りないラクエラですが、わたしには充分です(笑)

また、キッチンをサイズダウンしたことや、キッチンをスッキリに見せるコツについても書いてます。
こちらも是非ご覧ください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.