リノベーションの打ち合わせ。その流れとプランニング前に必要な4つのこと

投稿日:2019年7月24日 更新日:

ヨコヤム
リノベーション工事は、施主である自分たちと施工を担当するパートナー会社の二人三脚で進めていきます。思い通りのリノベーションを実現するには、設計担当者との密なコミュニケーションが必要不可欠。そこで今回は、打ち合わせ前にやっておきたいことや、実際の打ち合わせの流れ、打ち合わせ時のポイントについて、それぞれ解説したいと思います。

はじめに/リノベーション成功の秘訣とは

リノベーションのアクションプラン

築31年の中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。工事中はほぼ毎日現場に通い、その工程を間近で見てきましたが、リノベーションが成功したか否かは、実際に住んでみて初めて分かることですよね?

リノベーションの成功の秘訣は、パートナー選びもさることながら、設計担当者との意思疎通が非常に大切!つまり、プランニング前の準備が、その後を大きく左右するということ。「もっと○○して欲しかった」「こんなはずではなかった……」なんてことが起きないよう、打ち合わせ前に必要な手順をしっかり押さえておきましょう。

打ち合わせの前にやっておきたい4つのこと

1. リノベーションの目的をはっきりさせる

リノベーションの目的

まずはじめに大切なのは「何のためにリノベーションをするのか」ということ。

「趣味を最大限に活かせる空間にしたい」「家事動線を見直し、子育てしやすい間取りにしたい」「同居を見据えて両親も暮らしやすいバリアフリーな家にしたい」など、目的をはっきりさせておきましょう。そうしておけば自ずと、見直すべきポイントや必要なことが見えてくるはずです。

2. リノベーションの情報収集をする

リノベーション ショールーム

目的を明確化させたあとは、ネットや雑誌、リノベーションの関連本をもとに、情報収集してみましょう。気になるリノベーション会社が近くにあれば、ショールームに行くのも一つの手です。

また、「近くにショールームがない」「ショールームへ行く時間がない」ときは、資料請求するのもおすすめです。無料で取り寄せられるケースがほとんどなので、気になる会社を見つけたときは迷わず請求してみてください。

資料請求におすすめのリノベーション会社は、こちらに詳しく書いています。もちろん無料です!

必見!リノベーションの無料資料請求おすすめ7選

「住宅購入は買い物ではなく人生のプロジェクト!」リノベーションも同様です。その第一歩となる情報収集はその後を左右する非常に大切なステップと言えます。そこで今回は、無料で資料請求できるおすすめのリノベーション会社をご紹介したいと思います。

続きを見る

3. イメージをストックする

リノベーションのイメージ

お次はこちら。頭の中の整理をしましょう。

「どんなスタイルのインテリアが好きなのか」反対に「嫌いなスタイルはどんなものなのか」など、なるべくたくさんの画像(事例)を探しましょう!いいと思ったものは、とにかくどんどんストックしてみてください。はじめはおおざっぱでもOKです。

おすすめはPinterest(ピンタレスト)

国内はもちろん、海外の事例が多いピンタレストにはヒントがいっぱい!使い方も簡単です。

ピンタレストの使い方

  1. ボードを作成(「リビング」「キッチン」のようにカテゴリ別にするのがベスト)
  2. 気に入った画像を任意のボードに保存

ボード(分かりやすく言うとフォルダのようなもの)は最大500まで作成可能。カテゴリ毎に分けておくと、あとで見返すのに便利です。また、ピンタレスト以外のサイトで見つけた画像も保存可能です。

Pinterest
https://www.pinterest.jp/

4. 要望やアイデアをまとめる

リノベーションの打ち合わせ前に自分たちで作った資料

実際に作った資料の一部です

「インテリアのスタイルは○○」「キッチンは対面式に」「リビングには造り付けの棚が欲しい」など、具体的な要望はノートなどにまとめておきましょう。口頭では伝えにくいことも、写真や資料があれば相手も理解しやすくなります。

打ち合わせ時のポイント

打ち合わせが始まったら、あとは設計担当者と、とことん話し合いましょう!その際のポイントはこちら。

  • 自分たちを知ってもらう
  • 打ち合わせの内容をなるべくメモに残す
  • 分からないことをそのままにしない

「知り合って間も無い相手に、プライベートな話をするのは抵抗がある」と感じるかもしれませんが、普段の生活や住まいへのこだわりは「暮らしかた」に直結すること。これはプランニングにおいて、切っても切れない重要な要素です。

また、リノベーションの打ち合わせ内容は、できる限りメモに残しておきましょう。あとになって「あれ?」と思うこようなことがあってもメモがあれば安心です。

さらに、打ち合わせ中に疑問や不明点が出てきたときは、遠慮なく質問してください。相手は家づくりのプロ!不安や不満をなくすためにも、必ず解決しておいてください。

 ニーズを引っ張り出してもらうことも大切

リノベーションの打ち合わせでは出来る限り「全て」伝えるのが最初の一歩。プランナーは、様々なことを総合的に判断しながら、家づくりのプランを練っていきます。「家づくりに関係あるの?」と思うような会話の中にも、家づりのヒントが隠れている場合は多々あります。

打ち合わせから引渡しまでの流れ

初回の打ち合わせ後に図面を作成

わたしたちは下記の流れで図面を作成いただきました。打ち合わせは全部で3回程。以降は現場で、あれこれ細かいことを決めることもありました。

  • Step.1 こちらの要望を伝える
  • Step.2 ファーストプラン(図面)作成 ← これをベースに変更や修正をしていきます
  • Step.3 各設備の選定(ショールーム訪問)や床&クロスなど細かい仕様を詰めていきます

プラン確定後に工事がスタート

  1. リノベーション会社との打ち合わせ
    ・要望ヒアリング
    ・図面作成(プランニング)
    ・再検討
    ・見積/契約書の内容確認
  2. 工事申請書の提出・挨拶
  3. 工事開始
  4. 施主検査
  5. 工事完成
  6. 引渡し
【ビフォーアフター】マンションリノベーションの全行程をブログで公開
【ビフォーアフター】マンションリノベーションの全行程をブログで公開

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーション(スケルトンリフォーム)したわたしたち夫婦。この記事ではリノベーション工事の流れとビフォーアフターをご紹介するとともに、資料集めに役立つおすすめの施工会社もまとめています。ここを読めばリノベの全てをお分かりいただけるはず!

続きを見る

おわりに/全てはミスコミュニケーションを防ぐため

家づくりは施主と設計担当者のチームワークが何より大事。勝手に資料を作り、打ち合わせに挑んだわたしたちですが(笑)後悔はありません。

家づくりは人生をかけた大きなプロジェクト!打ち合わせからリノベーションの完成まで、予想以上に時間がかかる場合もありますが、それも含めて楽しむつもりで是非トライしてみてください!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.