雪が降るのになぜ平ら? 意外と知らない北海道の屋根の謎

投稿日:2019年10月4日 更新日:

ヨコヤム
東京から札幌へ移住したばかりの頃、市内の街並を見てとても不思議に思ったことがあります。それは住宅の屋根! 豪雪地帯の札幌で何故、屋根が平らなの……? という素朴な疑問。ということで今回は、北海道の屋根の謎を紐解きます。戸建住宅をリノベーションする時の参考にもなると思います。

北海道といえば三角屋根やトタン屋根

北海道といえば三角屋根やトタン屋根が主流⁈

北海道といえば雪。
なにせ、世界でも有数の豪雪地帯ですから、住宅の屋根は三角が当たり前だと思い込んでいました。

が、しかし……!
時代の移り変わりとともに、屋根事情もどうやら変化している様子。

と言うのも、一昔前まで北海道といえば三角屋根やトタン屋根が主流でしたが、最近はフラットな屋根が増えています。
また、このフラットな屋根は、単なる平らな屋根ではなく「無落雪屋根」と呼ばれています。

この屋根の造りに……「平らでも大丈夫な理由」が隠されていました!

雪国では無落雪屋根が主流に

屋根の形状

出典:SAYS

屋根には、切妻(きりづま)・片流れ・寄棟(よせむね)・方形(ほうぎょう)・招き屋根などがありますが、どれもフラットではありません。

北海道の住宅の屋根が、どうしてフラットへと進化したのか……。
ここからは「無落雪屋根」について、詳しく解説します。

無落雪屋根とは

無落雪屋根とは?

「無落雪屋根」は、雪下ろしをすることなく、屋根の上の雪を自然処理する屋根のことを言います。

無落雪屋根には3つの種類があり、北海道や東北地方の新築住宅には、必ずと言っていいほど採用されています。

無落雪屋根の種類

  • 勾配屋根方式
  • フラットルーフ方式
  • スノーダクト方式

無落雪屋根の特徴とメリット・デメリット

雪国の住宅に「除雪」は付き物ですが、屋根の雪を下ろす際、三角屋根やトタン屋根は特に危険を伴います。
足を滑らせて転落する事故は、今も絶えることがありません……。

ヨコヤム
こういう背景もあり、開発されたのが無落雪屋根!
雪下ろしの必要が無く、除雪の労力が大幅に軽減されました。

無落雪屋根のメリット・デメリット

  • 雪下ろしの必要がない
  • 土地を有効活用できる(雪下ろしが必要な屋根は、雪が落ちる場所を開けておく必要がある)
  • 省エネ(無落雪屋根は融雪の多くを自然のエネルギーに頼るため、エネルギーの消費を抑えることができる)
  • 雨漏りの可能性がある(スノーダクト式に多い)
  • 太陽光パネルの設置が難しい

ここからは、3種類ある無落雪屋根それぞれの特徴と、メリット・デメリットをご紹介します。

1. 勾配屋根方式

勾配屋根方式

勾配屋根方式

勾配屋根方式(こうばいやねほうしき)は、屋根に傾斜を持たせ、横桟(よこざん)と呼ばれる雪止めを取り付けます。
※最近では、雪止めを取り付ける必要のない勾配屋根もある様子。

雨水が流れ落ちるため屋根の耐久性が高まるほか、雨漏りの心配もありません。

雪が落ちにくく、自然に溶けるまで屋根の上にのせておくことができますが、急勾配の場合は屋根の角度が高くなるため耐風性が弱まります。

2. フラットルーフ方式

フラットルーフ方式

フラットルーフ方式

フラットルーフ方式は、「陸屋根(ろくやね)」や「平屋根(ひらやね)」とも呼ばれ、傾斜がなく屋根自体を平らにします。

平らなため、雪が落ちることは無いものの、実はわずかに勾配が付けられており、雨水や雪溶け水は傾斜方向に流れます。

太陽光発電を設置しやすく、屋根のメンテナンスもし易いのがメリットですが、夏場は2階が暑くなりやすく、防水対策次第では雨漏りすることもあるのがデメリット。

3. スノーダクト方式

スノーダクト方式

出典:ROOFstyle /スノーダクト方式

スノーダクト方式は、屋根の中央部分に「スノーダクト」を設置します。

一見するとフラットな屋根ですが、実は屋根の中央がくぼんでいます。
このV字型がスノーダクト方式の特徴!

ダクトを通して雨水を排水するほか、雪は太陽光などで溶けた際、このダクトに向かって流れ込むという仕組みになっています。

デメリットは、ダクトに枯れ葉やゴミが溜まりやすく、1年に1度は点検が必要な点。
メンテナンスを怠ると、雨漏りする可能性が高くなってしまいます。

北海道で見る平らな屋根は平らなようで実は違う!

北海道で見る平らな屋根は平らなようで実は違う!

平らに見えて、実は平らではなかった北海道の屋根!
本州から初めて札幌や旭川へ来た方はきっと、わたしのように「屋根への違和感」を感じるはずです(笑)

今では主流となりつつある「無落雪屋根」ですが、一方では古き良き北海道の屋根を……という想いからか、新築する際にあえて三角屋根やマンサード屋根を採用するお宅もあります。

マンサード屋根

マンサード屋根

札幌や旭川ではあまり見掛けませんが、道東や道北に住む方にとってはまだまだ身近で親しみのある屋根なのかもしれません。

マンション住まいのわたしですが、もしいつか注文住宅を建てることがあったら……どんな屋根にしようかと、妄想が膨らみます(笑)

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.