11月18日は「いい家の日」。いい家の条件と悪い家とはどんな家?

投稿日:2019年11月18日 更新日:

ヨコヤム
11月18日が「いい家の日」だということをご存知でしょうか? 今日はこの記念日にちなみ、いい家・悪い家の条件、人気の間取りや住まいのアイデアについてまとめてみました。

11月18日「いい家の日」とは

11月18日「いい家の日」とは

「 11(いい)1(い)8(え)」の語呂にちなんで制定されたという「いい家の日」。
これは、日本の大手広告代理店「アサツーディ・ケイ」が、住宅市場のさらなる活性化を願い制定した記念日です。

「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えるきっかけを作るとともに、住宅について関心を持ってもらいたい……というのが目的だそう。

なるほど……さすがは広告代理店。
嫌味を言うようですが、世の住宅メーカーや関連企業はこの記念日をもとに様々な販促を行いやすいはずです(笑)

いい家の条件

いい家の条件

「いい家の条件って何?」と聞かれたら、皆さんはどう答えますか?

Googleで実際にそう調べる人も少なくないようですが、ネットに正解はありません。正解というよりヒントと考えるほうがベスト!

ただし、下記のような家であればわたしも「いい家」と言えると思っています。

ポイント

耐震性が高い家

断熱・気密・換気効率が高い家

メンテナンスしやすい家

悪い家の条件

悪い家の条件

では反対に「悪い家の条件」とは一体どんなものになるのでしょうか。

シンプルに考えれば……前述した「いい家の条件」と真逆の家と言えるはず。当たり前のことですが、この当たり前が意外と重要視されない家づくりが世の中には多々あります。

日本の住宅業界はエンドユーザーに優しくなく、素人には分かりにくい業界ならではの慣習もあります。
ハウスメーカーに言われるがまま家を建てたものの、思っていたより良くはない……ということも全くないとは言えません。

住んで良かった間取り図ランキング

ここでは、2018年リクルート住まいカンパニーが調査した「住んで良かった間取り図ランキング」というアンケート結果をご紹介します。

対象者は注文住宅を建てた300人とありますが、マンションリノベーションにも参考になると思います。

住んで良かった間取り図ランキング

出典:prtimes

こうして見ると、上位にランクインしている対面式キッチンも開放的なLDKもWICも……すべて今の日本の住宅トレンドそのもの。

意外だったのは4位の「畳コーナー」。
昔に比べ和室のある家が減る日本ですが、小さなお子さんが居るご家庭や年配の方の住居、客間として使いたいというニーズを考えると、マンションによく見られる「中和室」の使い方にも、その意見が二つに分かれる理由が分かる気がします。

注文住宅にもマンションリノベーションにも役立つ人気アイデアと住宅雑学

注文住宅にもマンションリノベーションにも役立つ人気アイデアと住宅雑学

ここからは、我が家も取り入れた住まいのアイデアを中心に、これから家づくりする人のために役立つ4つのヒントをご紹介します。

リビ充(リビング充実)のすすめ

ランキング2位のオープンなLDKに関しては、わたしも同様の意見です。
なかでも特にリビングの充実「リビ充」は、暮らしの満足度を高める考え方だと思っています。

ークインクローゼットと押入れのセット使い

我が家も取り入れたウォークインクローゼットでしたが、63平米2LDKというコンパクトなマンションで確保できる収納スペースには限界があります。この記事では我が家の実例をもとに、おすすめの収納法をご紹介しています。

マンションリノベーションの人気アイデア8選

どんな家が自分に合っているのか……はじめからそれが分かる人は多くありません。そんなときは人気アイデアを参考に、真似してみたいと思える方法を見つけるのも家づくりには効果的です。

雪国で建てる家の屋根は平らがポイント

雪が降らない地域にお住まいの方には関係ないですが……屋根は先々のメンテナスを考えると非常に重要な場所です。

いい家の日まとめ

いい家の日まとめ

いい家と悪い家の条件を並べても……それを決められるのは結局、そこに住まう人のみです。
目で見て分かることもありますが、ほとんどは住んでみなければ分からないことだらけ。

また、家づくりに100点満点はありません。どこまで100点に近づけられるか、それが家づくりの醍醐味です!

参考になる間取りや、数値で見分けられる機能性も大切ですが何より大事なのは、そこに住む人の暮らしに合い、心地よいと思える空間であること。

皆さんも今日は「いい家」について一度、考えてみてはいかがでしょうか!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

【リノベーション失敗談】ちょっと後悔!諦めた造作洗面台と冷蔵庫問題 1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。今回は、リノベーションで後悔したことや失敗談をまとめます。みなさんが同じ経験をしないで済むよう……是非この記事を参考にしてください。

独身女性 2

独身女性が住宅購入を考える主な理由は、老後の不安解消、そして家賃とローンの総額を考えた結果だと思います。「独身女性は家を買うべきではない」というおかしな見方は、どうかと思うと強く言いたい。

3

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

-リノベーション

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.