表現集団 scherzo(スケルツォ)加賀城匡貴「お〜、あ〜、へ〜」展

更新日:

ヨコヤム
札幌を中心に活動する表現集団「scherzo(スケルツォ)」のリーダー・加賀城匡貴さんによる初のエキシビジョン「お〜、あ〜、へ〜」展へお邪魔しました。独特でシュールな加賀城さんの世界観をどうぞお楽しみください。

札幌を中心に活動する表現集団「scherzo(スケルツォ)」

加賀城匡貴「お〜、あ〜、へ〜」展

赤れんがテラス5階 眺望ギャラリー テラス計画で開催された「お〜、あ〜、へ〜」展

札幌を中心に活動する表現集団 scherzo(スケルツォ)のメインパフォマー・加賀城匡貴さんによる、初の個展「お〜、あ〜、へ〜」に、先日お邪魔しました。

scherzo(スケルツォ)とは

加賀城匡貴のアイデア・出演によるステージパフォーマンス。
ユーモアとアイデアにあふれた作品を発表。イタリア語で「冗談」のこと。
昔、イギリスで知った「スケッチ」という笑いのジャンルに影響を受けています。「もう終わり?」という短さの中に、視点のユニークさ、自由さがある。
ぼくはその短さが気持ちよく、スケッチのような構成で面白くなりそうなことを考えます。ステージパフォーマンス、写真、グラフィックなどで…

スケルツォを一言で説明するのが難しいのですが……「言葉や映像、そして音楽で巧みに笑いを引き出すパフォーマンス集団」というのが一番近いでしょうか。

バンドでもなく芝居でもなくダンスでもない。また、この「笑い」というのもゲラゲラ笑う類ではなく「くすくす」「ニヤリ」という感じです。

scherzo(スケルツォ)は「見立て」がキーワード

加賀城さんの作品は、日常に見慣れた物を違う物に'見立てる'のが特徴。発想の転換がたいへん面白く、毎回「凄い」と感動します。

MASAKI KAGAJO exhibition "OOH,AAH,HEH" の様子

なんともスケルツォらしいタイトルで始まった個展「お〜、あ〜、へ〜」は、実際に作品を見ると本当に「お〜。お〜!」「あ〜。あっ!」「へ〜。へ〜!」と思わず言ってしまう……まさにタイトル通りの内容でした。今回は、その一部をご紹介します。

1. ズレサイン

 ズレサイン

これは標識や看板の一部を撮った写真だそう。
一番左は、高さ制限の標識。青いドットは小数点。説明が無ければ分かりません(笑)

2. 水たま(り)

水たま(り)

「水たま(り)」は、手書きした水玉模様かと思いきや、実際にあった水たまりを写真に収め、それを切り抜いて並べたそう。凄い手間です……!(驚)

3. ギンガムチェック

ギンガムチェック

同じチェックが色違いで3枚並んでます。このチェックが何を表現しているか、お分かりになりますか?

答えは「札幌」なのですが……伝わるでしょうか?!

札幌中心部の地図を下地に、線と色でグラフィックに起こしたそう! ここまで説明してもらってやっと理解できました。

札幌の中心部は碁盤の目のように条と丁目で区画されていますもんね。ちなみに一番綺麗なチェックの部分が「すすきの」です。

4. ふとん

ふとん

これはどう見ても山・谷・海にしか見えなかったのですが……実際は布団の上を撮った写真。

ファブリックの質感も、こうして撮ると全く違うものに見えるとは!お〜、あ〜、へ〜、を通り越してひょえー!です(笑)

最後にこちら。
わたしはシールを剥がした痕だと思いましたが、答えは「パウンドケーキ」。食べ終わった後のお皿の上を撮ったそうです。

パウンドケーキ

答えを当てられなかった「お〜、あ〜、へ〜」展まとめ

加賀城さんが、何をテーマに今回の作品を造ったのか、答え合わせを試みるも見事に全てハズれましたが、ご本人が在廊されていたため、ありがたいことに一枚一枚じっくりと説明を聞くことができました。

どの作品も「答えを考える→答え合わせをする→外れる→正解を聞いて驚く」という繰り返しが面白く、なかなか無い個展のスタイルだと感じます。

「答えは受け手次第」というのもアートですが、これは答えを知ることで何倍も楽しめるアート、つまり答えが分からないままではもったいないアートです。

残念ながら個展はもう終わってしまいましたが、vol.2がもしかしたらまたあるかもしれません。その際は是非、このスケルツォの世界観にどっぷり触れてみてください。

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-ライフスタイル
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.