増やさない、造らない、そして減らす。63平米のマンションリノベ収納術

投稿日:2019年3月27日 更新日:

ヨコヤム
2LDK・63平米のコンパクトな我が家。あればあるほど便利と思われがちな収納スペースですが、大切なのは使い勝手とライフスタイルに合うかどうかです。必要最低限で快適に暮らすマンション住まいの収納法をご紹介。

その収納ホントに必要?

リノベーションで新設したウォークインクローゼット

中古マンションを購入&フルリノベーションした我が家。夫婦ふたり暮らしで、間取りは2LDK・63平米のコンパクトな住まいです。

誰もが悩む収納問題

「収納スペースは広いほうがベスト」と思われがちですが、大切なのは使い勝手とライフスタイルにマッチしているかどうかです。

我が家は壁・壁・天井の3ヶ所収納

1. 造作したのはウォークインクローゼットのみ

寝室に併設したウォークインクローゼット。収納を目的に造作した場所は唯一ココだけです。

2. 押入れを有効利用

リノベーションで押入れを有効活用

もとは和室だった部屋。

洋室にチェンジしたものの、押入れはそのまま残しています。コスト削減も理由のひとつでしたが、WICを設けたぶん、むしろ押入れ型収納のほうが便利かも!と。

来客用の布団や、WICには置けない大きめサイズの収納に、押入れはモッテコイです。

中和室は必要なし!リフォーム・リノベーションで個室にチェンジ
中和室は必要なし!リフォーム・リノベーションで個室にチェンジ

賃貸・分譲に限らず、マンションでよく見かけるリビング続きの「中和室」。どうして和室がここにあるのか、その理由をご存知ですか?

続きを見る

3. 天井を使う吊り戸棚

寝室に設置した吊り戸棚収納

リノベ前は、別の部屋にあった吊り戸棚。捨てるのはもったいないですもん!塗り替えて寝室へ。

寝室の間取り
夫婦の寝室は何帖が理想?室内窓で仕切る寝と食

LDKに隣接させた寝室のコンセプトはシンプル&コンパクト。今回は我が家を例に、広さ・間取り・方角・機能・内装の各ポイントをまとめます。

続きを見る

  • ヨコヤムヤムのリビング

リビングにあるCD・レコードは見せる収納&インンテリアに。全てを造作にしてしまうと模様替えでいないため、DJブースはDIYに!

増やさない・作らない・減らす

腰より低いがポイントのキッチン収納

収納を徹底的に考えたのはキッチン!

日々使う場所・見られる場所・インテリアを兼ねる空間なので「収納力」だけでなく使い勝手や動線も大切です。

  • パントリーを設けない
  • 吊り戸棚もカップボードも設置しない

吊り戸棚の代わりに飾り棚を付けていますが、吊り戸棚の収納力には及びません。

また、カップボードを置かない分、キッチンカウンターの内側を活かして家電やゴミ箱を収納しています。腰より低いのがポイント!リビングから見えないよう意識しています。

「あれば便利」を疑ってみよう

トイレ・洗面台・お風呂まわりが狭い我が家。「圧迫感を減らしたい&なるべくシンプルに使いたい」を理由に以下3点、収納スペースを減らしました。

洗面スペースの吊り戸棚を撤去
トイレの吊り戸棚を撤去
ユニットバスも棚1枚

見せる収納と隠す収納の違い

暮らし方は人それぞれですが、収納スペースを設けるにあたっての見極めポイントは下記3つ

  • 隠すのか見せるのか
  • どんな時にどう使うのか
  • 動線に問題ないか

また、隠す収納と見せる収納では、同じ収納でも「質」が違います。機能面だけでなく、見た目の問題やサイズ感に注意しなければいけないのが見せる収納。

この二つを使い分けつつ上記3つのポイントを押さえれば、必要な広さが自ずと見えてくるハズです。の前に「持ち過ぎない」のも大切ですよね!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.