【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

メキシコBIMBOのクマ!パンのキャラクターOsitoがかわいい

メキシコ BIMBO クマ
ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!メキシコ大好きヨコヤムヤムです。

「BIMBO(ビンボ)」は中南米でよく知られるパンですが、実はメキシコ発祥のパンメーカーだということをご存じでしょうか?

さらに、愛くるしい姿が目を引くクマのキャラクターを「OsitoBIMBO(オシトビンボ)」といいます。

そこでこの記事では、BIMBOファンのわたしがメキシコで出会ったOsitoのかわいさと歴史を掘り下げます。「あのクマちゃんが気になる」という方に、ぜひご覧いただきたいです!

Instagramでメキシコ情報更新中

Instagram

instagram-yokoyumyum_mexico

Instagramでは、 旅先で知り得たこと&お役立ち情報を投稿しています。

メキシコ各地の様子をはじめ、買ってよかったお土産なども更新していますので、こちらもぜひ覗きにきてください♪

yokoyumyum_mexico

BIMBO(ビンボ)はメキシコ発祥のパンメーカー

Bimboの菓子パン

「BIMBO(ビンボ)」は、メキシコへ行くと誰もが一度は目にするであろうパンメーカーです。

ヨコヤム
ヨコヤム
日本でいう「山崎パン」のような位置づけで、メキシコでは国民的ブランドの一つでもあります。

食パンからドーナツまでさまざまあり、スーパーだけでなくメキシコのコンビニ「OXXO(オクソ)」にも必ず商品が置かれています。

ちなみにBIMBO=貧乏ではありません(笑)!

また、BIMBOは現在、中南米をはじめアメリカやヨーロッパ、そして中国にも展開しています。

愛されキャラクターのクマの名前は「OsitoBimbo(オシトビンボ)」

Bimboのトラック

大きなコック帽をかぶる白いクマのことを、わたしはこれまで「ビンボちゃん」と呼んでいましたが、正式には「OsitoBIMBO(オシトビンボ)」といいます。

実はこのクマ、世界中にファンがいるのです!

日本でもメキシコ雑貨を使うお店で見かけますし、ヴィンテージ雑貨やヴィンテージトイを扱うショップでも売られています。
ヨコヤム
ヨコヤム

一番多いのは、ぬいぐるみでしょうか。中にはトースターや看板もあったりします。

OsitoBIMBO(オシトビンボ)の歴史

OsitoBimboが描かれたトラック

BIMBOの公式サイトによると、BIMBOそしてOsitoが誕生したのは1945年とのこと!

その後1947年に「B」の文字がコック帽に表示されたといいます。そして以降も度々、マイナーチェンジを繰り返しているようです。

OsitoBIMBOは年代によって顔が違う

  • OsitoBimbo1945年
  • OsitoBimbo1947年
  • OsitoBimbo1957年

1945年→1947年→1957年

ヨコヤム
ヨコヤム
1945年創業当時のオシトビンボを見ると、今とは全く違いますよね!
  • OsitoBimbo1980年
  • OsitoBimbo1985年
  • OsitoBimbo1995年

1980年→1985年→1995年

1980年になるとイラストにデジタル感が増すと同時に、オシトビンボが初めて正面を向いています!

そして15年後の1995年には、手からパンが無くなりました。
ヨコヤム
ヨコヤム
  • OsitoBimbo1998年
  • OsitoBimbo2007年
  • OsitoBimbo2012年

1998年→2007年→2012年

1998年には頭が大きくなり、2007年は3D化!

ヨコヤム
ヨコヤム
その後2012年に現在のデザインへと変化しています。かわいい。

出典:bimbousa.com

OsitoBimboを本場メキシコでゲット!

OsitoBimboの貯金箱

オシトビンボとわたし

実は先日、念願のオシトビンボをメキシコでゲットできました!
ヨコヤム
ヨコヤム

もともとはノベルティですが、それが今では蚤の市やネット上で売られていて、わたしは「Facebook Marketplace」で購入しています。

日本で買うと高いので(ものによっては結構なお値段がするので)「買うなら現地で」と決めていただけに、手にしたときはものすごく嬉しかったです。

※Facebook Marketplaceは手渡しで届けるケースも多く、購入に関してはメキシコに住む友人に手伝ってもらいました。Muchas gracias!!!!

メキシコBIMBOのクマ!Ositoまとめ

オシトビンボのかわいさと歴史、いかがでしたでしょうか。

過去9回のマイナーチェンジを重ねてきたオシトビンボを見ていると、わたしはますます愛着が湧いてきます!

この先も、どう変化していくかが楽しみです。

  • この記事を書いた人
yokoyumyum

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-メキシコ旅行