サウナ用語|サウナーが使う整うや羽衣の意味を解説

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!サウナスパ健康アドバイザーのヨコヤムヤムです。

サウナの良さや正しい入り方をつい熱く語ってしまうわたしですが……毎回「○○って、どういう意味?」と聞かれるサウナ用語があります。

そこでこの記事では、サウナーの間で飛び交う「サウナ用語」をまとめてご紹介したいと思います。
ヨコヤム

サウナーがよく使うサウナ用語

クリックすると該当の見出しにジャンプします

サウナ用語【ア行】

アウフグース

アウフグース

サウナ芸人そして熱波師として人気のマグ万平さん。以前は「地球」というコンビで活動しており(2019年解散)相方の「マントル一平」は、テラスハウスに出演したことで一躍有名になりました

出典:Fica

ドイツ語のアウフグースは「ロウリュ」をしたあとに、立ち昇った熱い蒸気をタオルなどであおぐ行為を指します。

日本ではアウフグースのことを「熱波」と呼ぶ施設もあり、ロウリュによる蒸気をタオルであおぐ人のことを「熱波師」と言います。

汗流しカットマン

サウナで汗をかいたあと、かけ湯やかけ水などで汗を流さず、そのまま水風呂へ入る人のこと。

ヨコヤム
ちなみにこれは完全なるマナー違反。NG行為です。

あまみ

サウナ後のあまみ

サウナ後のあまみ

あまみは体の表面に現れる、まだら模様のこと。

これは温冷交代浴によって血流が良くなり、体内の毛細血管が拡張したものと言われています。

ヴィヒタ

ヴィヒタ

出典:サウナ攻略サイト

ヴィヒタは白樺の枝葉を束ねたもの。全身を叩くようにして使用します。

本場フィンランドでは2000年前から習慣化されており、血行促進や肌の引き締めに効果があると言われています。

ウィスキング

ウィスキングは、ヴィヒタで身体を叩いたり押し当てたりするリラクゼーションサービスのこと。

日本の施設ではほぼ見掛けませんが、ロシアなどではよく見られるサービス。

オートロウリュ

ロウリュはサウナの炉や石に水をかけて熱い蒸気を発生させることを指しますが、「オートロウリュ」は人の手ではなく機械仕掛けにし、全自動で行います。

ヨコヤム
最近はオートロウリュのある施設やセルフロウリュできるサウナが増えています。

オロポ

オロポ

「オロポ」は、サウナー御用達ドリンク。

オロナミンCとポカリスエットを混ぜた飲みもので、自宅でも簡単に作ることができます。

ヨコヤム
ちなみにわたしは、オロナミンCとポカリスエットに炭酸水を追加しています。

このほうがシュワシュワ感がアップし、美味しいです。

温冷交代浴

温冷交代浴は「お湯と水」または「サウナと水風呂」による入浴法を言います。

熱いお湯(またはサウナ)と冷たい水により身体に交互刺激が与えられ、それによって末梢血管が開きます。

すると、乳酸などが排出されるため疲労回復や疲労予防に効果があります。

サウナ用語【カ行】

外気浴

外気浴

ドラマ「サ道」/ 出典:ginzamag

「サウナ→水風呂→休憩」がサウナの正しい入り方ですが、この「休憩」を室内ではなく室外で行うことを外気浴と呼びます。

※露天風呂や外気浴スペースのない施設ではできません

ヨコヤム
冬の北海道は外気がマイナスであることと、足元が冷たすぎるせいで、個人的に外気浴では整いにくい感覚があります。

グルシン

水風呂の水温が一桁(シングル)であること。

ヨコヤム
グルシンはまだ未体験。12〜13°Cでも充分冷たいため一体どんな感覚なのか、ぜひとも体験してみたいです。

サウナ用語【サ行】

サ室

サ室

サウナ室のこと。サウナの設備や広さ、温度について説明する際、よく使われます。

サ飯(さめし)

サウナ施設または、その近所で食べられる食事のこと。

ヨコヤム
サウナのあとのビールやサ飯は格別。何を食べても美味しいです。

しきじ

「しきじ」は、静岡県にあるサウナ。

「日本一気持ちが良い水風呂」と言われ、サウナの聖地として有名な施設です。

サウナ用語【タ行】

整う

温冷交代浴の結果として得られる気持ちの良い感覚を「整う」と言います。

自律神経が整い、頭がスッキリするだけでなく、全身がビリビリとした感覚に包まれることもあります。

サウナ用語【ナ行】

主(ぬし)

「主」は、サウナ施設の常連客。

ただの常連客ではなく、我が物顔で施設の一部を陣取ったり、横柄な態度を取る客を指して呼ぶことが多いです。

サウナ用語【ハ行】

バイブラ

浴槽の中にある、ぶくぶくとした気泡が「バイブラ」です。

身体に刺激を与えることでマッサージ効果があるだけでなく、自立神経にも作用すると言われています。

羽衣(はごろも)

羽衣はサウナのあと水風呂に入った際、肌の表面に生成される膜のこと。

この膜ができると冷たさが中和され、まるで羽衣をまとっているかのような感覚であることから、こう呼ばれます。

ヨコヤム
ちなみに水風呂にバイブラがあると、水が常に攪拌されてしまうため羽衣はできません。

サウナ用語【ラ行】

ロウリュ

ロウリュ

ロウリュはサウナの炉や石に水をかけて熱い蒸気を発生させること。

日本ではアロマオイルをかける施設も多いですが、サウナの本場フィンランドでは、ほぼ水です。

またロウリュとアウフグースは混同されがちですが、ロウリュは蒸気を立ち昇らせること、アウフグースはロウリュによって出た蒸気をタオルなどであおぐことを言います。

サウナ用語まとめ

のちほどサウナで

出典:nochisau

サウナ好きでない人には、全く通じないサウナ用語。

ですが、ひとたびサウナを好きになれば、その意味がスポンジのように身体に吸収されるはずです。

なかでも一番よく使われる「整う」は、もはや挨拶。

マグ万平さんのラジオ「のちほどサウナで」で、万平さんが必ず言う「皆さん、整ってますか〜?」がわたしは大好きです。

楽しきサウナスラング、今後も随時追記していきますね。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-サウナ
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.