帯広名物「勝毎花火」夏の十勝旅行は道民おすすめの花火を見よう

更新日:

4/26(日)追記:第70回2020年の「勝毎花火大会」は、中止が発表されました。

ヨコヤム
とにかく広い北海道。十勝(十勝総合振興局管内)は、北海道・道東の一部地域を表す地名です(十勝平野は東京都の面積の約5倍!)
そして今回ご紹介する「勝毎(かちまい)花火」は、十勝観光の中心地「帯広」で毎年開催される花火大会のこと。道東で観られる花火大会は、おそらく勝毎花火が一番の規模です。
ヨコヤム

「勝毎(かちまい)」は十勝毎日新聞の略

道内地域エリア地図

出典:北海道ファンマガジン

道東にお住まいの方にはお馴染みの「勝毎(かちまい)」。

勝毎は、帯広市に本社を置く新聞社の社名です。

地域に根付いた内容が特徴、そして十勝管内でいちばん読まれている地方紙でもあります。

勝毎新聞とは

  • 夕刊のみの発行
  • 社説がない
  • 農業関連に詳しい

勝毎花火大会とは

勝毎花火は、前述した「十勝毎日新聞社」が主催する花火大会。

会場は、十勝大橋下流側にある特設会場です。毎年多くの人が集まる、帯広の一大イベント!

勝毎花火は「北海道の行ってみたい花火大会ランキング4位」

勝毎(かちまい)花火大会・有料席の様子

角川・Walker+(ウォーカープラス)による「北海道の行ってみたい花火大会ランキング2018」で4位にランクインした勝毎花火。

札幌や旭川を除くと、どの地域も人口が少ない北海道ですが、勝毎花火の来場者数は20万人。

十勝管内の人口が約19万人ですから……この数には驚きです。

それゆえに、花火大会当日は当然、人や車で会場周辺が混み合います。

会場周辺は特に渋滞するため、時間に余裕を持って行動してください。臨時駐車場もあります。

勝毎花火のおすすめ席は3種類ある有料席

エンターテイメント性も高い勝毎(かちまい)花火

勝毎花火は、有料席でなくても会場周辺から見ることができますが、一番のおすすめは有料席。

低いところで打ち上がる花火も多いため、有料席であれば、大迫力そして全ての花火を堪能できます。

有料席エリア内には、売店やトイレもあり便利です。

  • ファミリー席|マス指定・定員4人 ¥17,280
  • ペア席|パイプ椅子指定・定員2人 ¥8,640
  • 自由席|ブロック指定・ブロック内定員自由 ¥4,320

無料席も3種類

有料席と同じく、無料席も3種類あります。詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

  • 安全対策協力エリア入場整理券席
  • 一般開放席
  • 身障者席

勝毎花火の見どころ

勝毎(かちまい)花火で見た花火

花火大会のテーマは毎年異なりますが、レーザーと音楽が一体となって演出される花火の数々は圧巻です。

夜空に映える帯広の勝毎(かちまい)花火

画像はシンプルな花火ですが、実際はエンタメ性の高い花火も多く、見ていて飽きません。

大迫力の勝毎(かちまい)花火

帯広名物「勝毎花火」まとめ

冬が長く、夏は短い北海道。

雪が溶け、ようやく暖かくなったと思えば目の前にはすぐ秋がやってきます……。

夏がいかに貴重か(笑)それだけに本州で見ていた花火とは一味も二味も違って見えます。

今年の夏は、暑い本州を離れて北海道「十勝」でビッグな花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

帯広からほど近い「六花の森」もおすすめです!

今月の人気記事TOP5

【リノベーション会社おすすめ7選】無料資料請求で情報収集してみよう 1

「リノベーションの施工事例を見たい」「ヒントになる資料はないの?」という方に向け、無料で資料請求できるおすすめの施工会社7社をご紹介。ここを読めば必ず、気になる会社を見つけられるはずです。

2

ヨコヤムお花のサブスクとは、定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。ここ数年で認知度が増し、「おすすめを知りたい」と気になって検索する方が増えています。 そこで今回は、安くて始めやすいサービスを厳選 ...

3

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

-札幌移住のこと

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.