それ、実はいらないもの。なくてもいいものと物を捨てる効果について

投稿日:

実はいらないもの
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

この記事では「もったいない」「捨てても良いの?」という理由で片付けが進まない……という人に向け「実はいらいないもの」をまとめました

収納の隠れ肥満についてあなたも今一度、家の中を整理してみてください。
ヨコヤム

実はいらないもの|リビングダイニング編

「実はいらないもの、意外となくても困らないもの」について物が増えがちな場所別にピックアップします。

ヨコヤム
ちなみにここに書いたものは全て、我が家にもありません。

1. ダイニングテーブル

ダイニングテーブルのないリビングダイニング

我が家ではダイニングテーブルの代わりにローテブルを置いています

ダイニングテーブルがいらない理由

  • 場所を取るから
  • テーブルの上が物置き化しやすいから
  • 掃除しづらいから

「LDKであれば、置くのが普通でしょ?」と思う方は多いですが、実は無くても困らない家具の一つがダイニングテーブルです。

我が家も実際に「不要」と判断。

現在もLDKにはダイニングテーブルを置いていません。

「であれば、ダイニングテーブルの代わりになる家具は何?」と気になりますよね?
ヨコヤム

そこでわたしが提案するのは以下の3点。

  1. ローテーブルを使う
  2. ソファダイニングを使う
  3. キッチンカウンターを使う

具体的な使い方、活用例を知りたい方は下記の記事も合わせてご覧ください。

2. ゴミ箱

ゴミ箱がないリビング

リビングにはゴミ箱を一つも置いていません

リビングダイニングにゴミ箱がいらない理由

  • ゴミを回収する手間が増えるから
  • 場所を取るから
  • 掃除の邪魔になるから

我が家ではゴミ箱をキッチンに集約しています。

リビングで出たゴミはキッチンまで行き、捨てるというルール。

ヨコヤム
一見、面倒に思えますが慣れてしまえば平気です。

ゴミ箱は無いほうが場所を取らず、見た目にもすっきりします。

3. ルンバ

モニターとしてルンバをレンタル

実際に使っていたルンバe5

ルンバがいらない理由

  • 床に物があると掃除できない(家具に衝突する)
  • 効率良く動けない
  • 音がうるさい

「一度ルンバを使ったら……もう手放せない」という口コミを見掛けますが、わたしは正直、手放したくないと思うほどのメリットは感じません。

その点、コードレス掃除機があれば問題ないと思っています。

ルンバが掃除できない場所をコードレス掃除機で補うのも一つ手ですが、それならはじめからコードレス一台で掃除したほうが早いです。
ヨコヤム

実はいらないもの|水まわり編

1.  水切りかご

我が家のキッチン

我が家のキッチン

水切りかごがいらない理由

  • キッチンがスッキリし、生活感が減るから
  • 水切りかごが無いぶん作業スペースが増えるから
  • キッチンに食洗機を設置したから

キッチンは何かと生活感が出やすい場所。

ヨコヤム
ただでさえ調理器具や家電で何かと物が増えがちなキッチンから水切りかごが無くなれば、それだけで見た目は変わります。

また、シンクまわりの掃除がしやすいのもメリット。水切りかごを洗う手間も省けます。

なお「キッチンにはなるべく物を置きたくない」というのも手放した理由の一つです。

2. 三角コーナー

最近では三角コーナーを置かない家庭が増えています。我が家もそう。
ヨコヤム

ディスポーザー付きのキッチンであれば必要ないですが、そうでなくとも都度ビニール袋に入れてゴミを捨てたり、生ゴミ処理機に入れれば特に問題ありません。

※ディスポーザーとは排水溝とセットになった生ゴミ粉砕機のこと

3. キッチンマット

キッチンマットがいらない理由

  • ないほうがスッキリするから
  • 洗濯が面倒だから

料理中の水はねや、油汚れを防いでくれるマットですが、敷かないほうが見た目は◎

ヨコヤム
我が家は無垢フローリングですが「汚れたら拭く」を徹底することで、ベタベタしたり見た目が汚いこともありません。

4. トイレマット

トイレマットがいらない理由

  • こまめな洗濯が必要だから
  • トイレは座って使うを徹底しているから
キッチンマットと同様「捨てるか迷うもの」といえばトイレマットですよね。
ヨコヤム

トイレを立って使う人にとっては汚れの飛散防止に一役買ってくれるかもしれません。

ですが他の場所と違ってトイレとなると「マットを洗濯しなければ……」というプレッシャーが一際強いのも事実。

マットを無くすことで、精神的に楽になれるというメリットもあると思います。

実はいらないもの|家づくり編

番外編としてここでは、家づくりの際の「実はいらないもの」についてご紹介します。

中和室

中和室がいらない理由

  • 和室は必要ないから
  • 中途半端なスペースで使いにくいから

賃貸 or 分譲を問わず、マンションでよく見かけるリビング続きの中和室。

引き戸を境にリビングと隣接した部屋を指します。

リビングの隣に造られるのは建築基準法が関係していますが、我が家では自宅をリノベーションした際、中和室を撤去しました。

ヨコヤム
家族構成によっては「あるほうが便利」という意見もありますが、最近では無くて良いと考える方が増えているように感じます。

キッチンの吊り戸棚

吊り戸棚の代わりに飾り棚を設置したキッチン

我が家では吊り戸棚の代わりに飾り棚を設けています

吊り戸棚がいらない理由

  • あっても意外と使いにくいから
  • 圧迫感を感じるから
  • 吊り戸棚を付けると物を増やす危険性があるから

キッチンの間取りを考えるにあたり、多くの方が迷う「吊り戸棚」問題。

こちらも我が家はいらないと判断し、代わりに飾り棚を設けてオープン収納にしています。

取付けるか否か悩む人は、下記を参考にしてみてください。
ヨコヤム
  • 物が多い人、あとで後悔しそうな人は吊り戸棚がおすすめ
  • キッチンをすっきりさせたい人、整理整頓が得意な人は吊り戸棚なしでOK

物を捨てる効果

物を捨てる効果

「実はいらないもの」を手放すと、一体どんな効果を得られるのでしょうか?

ここではわたしが思う2つの効果についてまとめます。

部屋も心もスッキリする

人は五感で得た情報を常に脳で整理しています。

となると物が多い部屋では視覚情報が多くなり「なんだか落ち着かない」と感じる場合もあるでしょう。

ヨコヤム
その点、少しでも物を減らせれば心にゆとりができ、リラックスできる環境が整います。

お金が貯まりやすくなる

いらないものを手放す=執着心を捨てて気持ちをリセットさせる、という意味があります。

いらないもの、使わないものを無くすと、必然的に残るのは必要なものと好きなものだけですよね?
ヨコヤム

人には「物があればあるほど物欲が増す」という側面があるため、それらを無くすと自然と欲が消える、という効果もあります。

つまり、無駄なお金を使わずに済むということ。

あなたも何となく「お金のある人の家はすっきりしている」というイメージがあると思います。

いらないものを手放すコツ

  • ルールを決める
  • カテゴリーを分けて手放す
  • 後悔しそうで不安な場合は一定期間保管する

「いらないものはある。でも上手く整理できない」という人は、3つのポイントに沿って先ず、物を仕分けしてみてください。

コツ1. ルールを決める

例えば、

  • 半年以上使わなかったものは捨てる

と決めておけば判断に迷うことが減ります。

特に捨てられない衣類や雑貨類はルールを設けておくと良いです。

コツ2. カテゴリーを分けて手放す

例えば、

  • リビングなら雑貨類
  • 水まわりは日用品

と決めて、場所ごとに整理整頓をしていくのがおすすめ。

捨てられない人、片付けられない人は特にです。

コツ3. 後悔しそうで不安な場合は一定期間保管する

手放すかどうか今すぐ判断できない時は、

  • 1ヶ月後にあらためて決断する

と決めて、一定の場所に保管しておくと良いでしょう。

ポイントは同じ場所に集約させておくこと。

定期的にその場所を確認し、判断しやすいようにしておきます。

実はいらないもの。なくてもいいものと物を捨てる効果まとめ

無くても生活できるものというのは、結局のところ「いらないもの」です。

年賀状や手紙、頑張って集めたものは特に捨てにくいものですが、「使わない」「場所を取る」のであれば思いきってサヨナラしましょう。

物に込められた気持ちを受け取れば充分なのであって、数年間保管していたのであれば義理は果たせます。

捨てるきっかけが欲しい、誰かに背中を押してもらいたいという人のお役に立てれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションのアイデア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.