ベストバイなデザイン家電!VORNADO ボルネードシルバースワン

投稿日:2019年3月20日 更新日:

サーキュレータ界のパイオニアVORNADO(ボルネード)

サーキュレーターで有名なアメリカの企業・VORNADO(ボールネード)社。高性能なうえにデザイン性も良く、日本でもボルネードファンは多いハズ!

サーキュレーターと聞くと小ぶりなサイズを思い浮かべますが、ボルネード社では30畳を超える大型サイズのサーキュレーターも販売しています。

ボルネード人気の理由

独自技術による竜巻状の風によって風の先端を拡散させず空気をかき混ぜられるのがボルネード製品の特徴。

コンパクトながらも風の威力は劣りません。サーキュレーターに求めるもの=大きな空気の流れですもんね。あとはやっぱりデザイン性。そんなボルネード社から2018年に登場したのが下記の卓上扇風機。

メタリック × アールデコなシルバースワン

いかがでしょうかこのデザイン。クラシックなフォルムとメタリックな光沢感が個人的にはツボ。オール金属なだけにズッシリとした質感が、パッと見ただけで安心感を与えてくれるような・・!

ボルネード社シルバースワンSWAN-JP

出典:VORNADO

あるようで無かった小さ過ぎず大き過ぎない卓上扇風機。それほど軽くはありませんが、ハンドルが付いているので持ち運びには苦労しません。

シルバースワンのサイズ

  • 幅 34.8cm
  • 奥行 22.7cm
  • 高さ 43.2cm
  • 重さ4.5㎏

金属羽根が肝!卓上なのにパワーがすごい

これには驚きでした。風量はたったの3段階。な・の・に!いちばん弱い風量でも力強い風が出ます。

わたしは約18帖のリビングで使っていますが弱で充分。風の直進性が高い証拠ですよね。音もほとんど気になりません。

  • シルバースワンSWAN-JPの風量設定は3段階
  • ボルネード・シルバースワンSWAN-JPの羽根

室内干しにも便利

年中室内干しの我が家。冬は暖房のおかげですぐに乾きますが、夏は湿度の上昇が気になります。

これまで他社のサーキュレーターを使っていましたが、シルバースワンの登場以来、他社製品では物足りなく感じます。

マンションの洗濯事情。室内干しにはサーキュレーターと扇風機のダブル使いがおすすめ

マンションは管理規約(そのマンションに住む住人が守るべきルール)でバルコニーに洗濯物を干してはいけない、と決められている場合があります(特にタワーマンションには多いはず)室内干しに有効な家電使いをご紹介。

続きを見る

インテリア映え間違いなし

置く場所によって振動が気になる場合もありそうですが、わたしはスツールに置いて使ってます。大きめサイズがちょうど良く、インテリアにも馴染んでます。

扇風機=涼を取るだとは思いますが、サーキュレーターのように使うのもアリなので年中使える=インテリアに馴染むのは家電選びの大事なポイントかと。

リビングに置いたボルネード社シルバースワンSWAN-JP

小さめタイプの方が良いという方にはクラシック・ジュニア VFANJR-JPがオススメ。

家電批評(晋遊舎)にも「2018年10月号ベストバイ」に選ばれてました!

家電批評(2018年10月号) 月刊誌/晋遊舎

おわりに

シルバースワンの他に

も使っている我が家。それぞれに良さがあるので用途別に使い分けていますが、デザイン性と機能で比較するならやはりシルバースワンが一番!耐久性にも優れてます。

今年、我が家の買ってよかったものランキングに上位入賞間違いなしのデザイン家電!

VORNADO ボルネード 扇風機 シルバースワン

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー兼フリーライターのヨコヤムヤムです。2012年ファッション系広告代理店を経て東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信しています。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.